読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 口コミ

英語・英会話

f:id:yamazakura77777:20170302120458j:plain

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!

 

 

参考書、通信教材、スクールなど…

 

他とは比較にならないほどのその言葉通り、国内最上級のメソッドです。


新形式のTOEICR試験で高得点を取りたいのであれば、このマニュアルが役立つはずです。

 

あなたがもし、

 

忙しい合間をぬって、何百何千もの単語や構文を暗記する…

 

正確な和訳、繰り返しの演習でスピードアップを図る…

 

様々な参考書、教材、スクールなどにお金を使う…等

 

このようなTOEICR攻略に奮闘しているとしたら、まずは、“試し”にでも今からお伝えする方法を実践してみてください。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

 

あなたは、朝早くから夜遅くまで仕事をし、


帰宅後、強烈な眠気と戦いながら勉強したり、


週末を使ってスクールへ通ったり、


必死で単語や構文を覚えつつ練習問題をひたすら解きまくったり、


場合によっては仕事以上にプレッシャーを受けたりと、大変な思いをしながら、TOEICR試験に挑んでいるのだと思います。

 

そんな中、追い打ちをかけるかのように、TOEICR試験は大改定が行われました。

 

そういった状況の中で、偶然だとしてもこのページにたどり着いたことは一つの幸運だと言えます。

 

なぜなら、


あなたの悩みや不安を解決する“答え”がここにあるからです。

 

この問題は、新形式に変更されたあとの、シングルパッセージの例題になります。

 

まず、いったい何分でこの問題を解けるのかを実際に体験してみて欲しいのです。

 

※時間を計測しながら英語文書を読み解答してください。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170302120857j:plain

 

いかがでしょうか。

 

 「解答には何分かかりましたか?」

 

1分以内で解答できましたか?

 

それとも、


3分ほど要しましたか?

 

もしかしたら、和訳している途中でやめてしまった方もいるかもしれませんね。


 実は、

 

「1分以内」


この時間が解答のリミットです。


シングルパッセージの問題は1分以内に解答する必要があります。

 

なぜかというと、“シングルパッセージ”の 英語文書問題に
1分以上の時間をかけてしまった場合、


TOEICR試験本番では絶対的に時間が足りなくなるからです。

 

つまり、


「解けない」「正解できない」という以前に、試験問題に取り組む時間そのものが足りなくなってしまうということです。

 

 試験で解答すらできないということは、当然、点数を取れるわけがなく、 必然的にスコアは下がってしまいますよね。

 

そして、「正答できる、できない」だけではなく、


 解答スピードが遅すぎるということも、


スコア低迷の大きな要因となってしまうのです…。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

でも、心配する必要はありません。

 

英語が超苦手な人でもハイスコアは実現可能!

 

TOEICR試験を実際に受けたことがある方はご存知だと思いますが、TOEICRテストはリスニング(45分間・100問)、


リーディング(75分間・100問)、


 合計2時間・200問で構成されています。

 

ただでさえ一問にかけられる時間数が少ない上に、解答を迷ってしまえば、焦りと不安によって思考がさらに鈍り、


それによって、積み上げてきた能力の数割程度しか発揮できず、
目標スコアまでは到底達することができない、そういったテストです。

 

さらに、2016年5月にTOEICR試験は大きな変更が行われ、


 従来のやり方が全く通じない、


それくらい難しさが増したテストとなりました。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

 

あらかじめ言ってしまいますが、TOEICR試験で高得点を取るのに必要な英語基礎知識なんて、


 実際、高校1年生程度の知識さえ身についていれば十分です。

 

TOEICR試験で高得点が取れないのは この「和訳して理解する」というやり方が原因

 

 「英語を日本語訳してから理解する」

 

スコア低迷の諸悪の根源とも言うべき一番の原因は、この「和訳」という日本の英語教育で永い間培われてきた方法にあるのです。


どういうことかというと、 私たち日本人の多くは、中学生の頃から「訳せ」「日本語に訳しなさい」「この単語は日本語で何?」
 「この構文は日本語でこういう風に訳す」


 「ここは、訳し下げるから覚えなさい」といった、
 正確な日本語訳をするための英語教育を受けてきました。

 

 頭の中で日本語に直して、意味を理解してから解答する。

 

そういったやり方を学んできた影響で、私たちは英文を見たら無意識のうちに何も考えず自動的に和訳し始めるという行動をしてしまうのです。

 

 「正確に日本語訳をしなさい」といった試験問題なら その方法でも良いとは思いますが、


TOEICRをはじめ、多くの英語試験はそのような能力など求めていません。

 

特にTOEICRは問題もすべて英語で記されていますから、全てをいちいち日本語訳していたら到底時間なんて足りませんよね。

 

何を聞かれているのか、


 何を求められているのか、


 英語を英語のままで把握する。

 

 最低でも、それくらいは身につける必要があるということです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!