読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】 口コミ レビュー

f:id:yamazakura77777:20170223100456j:plain

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

 

 

 

このテニス・ジュニア選手育成プログラムがあれば、テニスに専念する子供が
 

体が小さくても


力が弱くても


運動神経が劣っていても


小学校低学年でも


テニスを始めるのが遅くても
 


今よりも、強くなり全国レベルの選手にすることができます。

 

この「テニス・ジュニア選手育成プログラム」は、幼児から小学生・中学生の目線に立ち

 

何ができないのか

 

どんな悩みの壁にぶつかっているのか

 

など、成長期の子供に重点を置き、 大人では考えつかない子供目線の悩みを解消させることができます。

 

どなりつけたり、厳しい練習を課する必要は一切ありません。

 

他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありません。

 

今回のトレーニング法を実践し、試合で主導権を握り、勝てる強さを自分のものにしましょう。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

 

 

同じスクールの練習なのに、なぜ自分の子供だけ上達しないのかわからない


子供が試合でいつも負けている


ある程度は勝てるが全国レベルには程遠い


市販の本やDVDを見ても、上達しない


近くに良い指導者がいない


実績があるスクールのコーチはどのように教えているのか知りたい
 

等々…悩みや疑問は様々なものがあります。

 

自分の子供が大会で勝ち上がり優勝する姿を思い浮かべると気持ち良いですよね。

 

でも、ジュニアテニスの場合、始めた時期や、どのスクールで教わるかで 勝敗を分けてしまう特徴があります。

 

更に、体格や運動神経で差がつくこともあります。

 

自分より大きい、運動神経がいい人などは、上を見るとキリがありません。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

 

 

 

しかし、安心してください。

 

他の競技と比べてテニスは、生まれ持った才能や能力がなくても、

 

自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。

 

この潜在能力を引き出すには、その人に合ったトレーニングが必要です。

 

「テニス・ジュニア選手育成プログラム」は、 成長期の幼児・小学生・中学生までの上達に着目し、開発されました。

 

つまり、子供目線で開発された「テニス・ジュニア選手育成プログラム」 があれば、

 

子供ならではの悩みを解決できるのです。
 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

 

 

ミナミグリーンテニス代表の倉林さんは、 現役を引退後、幼児から中学生までを対象に

 

後進の指導を積極的に取り組まれています。

 

選手としての立場から、指導の立場に変わった当時は、驚きと苦労の連続でした。

 

大人のテニスでも、体格差や身体能力の差をなくして、 勝てる方法がないかと模索していきます。

 

幼児~中学生ぐらいまでは、成長の違いもあり大人以上に体格差に悩む子が多いです。

 

「小さいから仕方がない!」

 

「パワーで負けるから仕方がない!」

 

とテニスは好きなのに「勝てないのは仕方がない」と悩む子たちを、

 

「何とかして、勝たせてあげたい!」

 

「自信をつけてあげたい!」

 

そう、試行錯誤を繰り返して練習メニューを考えたそうです。

 

思うように、勝たせてあげられなかったときは悔しい思いをしました。

 

このような経験を経てわかったことがあります。

 

子供目線で考えるということです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】