読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

川口 奈美子 「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170216214940j:plain

川口 奈美子 「うつ病パニック障害自律神経失調症」改善法。

 

 

何故人間はうつ病パニック障害自律神経失調症になるのか?


この先、うつ病パニック障害強迫性障害などを「精神疾患」、不眠、生理不順、めまい、頭痛などの


自律神経失調症に伴う症状を「不定愁訴」と呼びます。


 精神疾患不定愁訴が起る原因は共通して、脳幹という脳の一番奥にある、


 体の原始的な機能を司る部位の機能障害により起ります。

 

代表的なものが「うつ病」です。

 

セロトニンの分泌が減少、または再取り込みが阻害されているという理由で起こるといわれている病気です。


 病院では上記の神経伝達物質の正常な分泌を改善する為に、
 様々な抗うつ薬を処方されます。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。 

 

 

安定剤や睡眠導入剤はあくまで症状を一時的に緩和させるもので、症状を改善するための薬ではありません。


仮に一時的に改善したとしてもそれは根本的な改善にはなっていません。


いずれ再発します。


根本的な原因である「神経伝達物質」が何故、正常に分泌されていないのか?


という問題が改善されていないからです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。

 

 

精神疾患不定愁訴を患う方の見た目の特徴は、ほぼ全ての方が、「あご」が前に出ている事です。


あごが自然と引けてなく、前に出ているか更に上に上がっています。


あごが前に出ていると首の後ろ側を圧迫されます。


この圧迫が脳幹の機能不全を招き、各部位の機能を低下させて、
身体にありとあらゆる精神疾患不定愁訴を生み出します。

 

 整体やカイロプラクティックでは頚椎(第1、第2頚椎)の歪みを
物理的に取り除くことで脳幹への圧迫をなくします。


しかし、頚椎の誤った湾曲(歪み)のみをアプローチしても
根本的な改善には結びつきません。


頚椎の歪みをもたらす根本的な原因を改善しなくてはなりません。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。