読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム 口コミ レビュー

ゴルフ

f:id:yamazakura77777:20170213083348j:plain

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム

 

 

 

実は、綺麗なスイングを作ればボールは曲がらなくなる。


という考え自体がゴルフを複雑にして上達を遅らせるということをご存知でしたか?

 

多くの人がこの事実を知らないためにTV・雑誌、上達器具に振り回され、無駄な時間やお金を費やしています。


もしこれからのゴルフ人生を、首を傾げながら…ボールが曲がる…飛ばない…

 

 

f:id:yamazakura77777:20170213083745j:plain

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム

 

 

 

そして、以下のようなことも試されたかもしれません。

 

・レッスンに通う


・スイングの連続写真を見て研究


・雑誌の特集


・DVDで研究


・新ドライバーに買い替える

 

このような方法を試したとしても、それで上達したでしょうか?
 答えは「NO」だと思います。


もちろん、これらの方法全てが悪いと言っているわけではありません。

 

ですが多くのゴルファーは毎日練習できるわけではありませんし、時間も限られています。


さらに天然芝を使えるのはゴルフ場に行った時だけ。人工芝と天然芝の違いに戸惑い、スコアは伸びず、


いつまで経ってもスコア100をいったりきたりしてはいませんか?

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム

 

 

ラウンドごとにスコアが安定しないので


「なんで今回はうまくいったのか」


「なんで今回はうまくいかなかったのか」


その理由がわからなくなってしまいますよね。


そしていつしか、「何をやっていいのかわからない…」と、「挫折」の道をたどる方がほとんどなのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム

 

 

結論から言うと、従来言われている練習方法や理論は
とても複雑だということです。

 
手首はこのタイミングで返せ、膝はこの角度で、頭は動かすな、バックスイングの時はこうしろ…


正直、何が正しいのか…忠実に再現するのは、現実的に考えて不可能でしょう。


ゴルフ理論の進化と複雑化は、まるで携帯電話やTVのように…

 

すます高度になっています。


加えて、日本人とは骨格も身体のつくりも大きく異なる欧米人のスイングや、

 

プロにしかとても実現できないようなテクニックまで、全て一緒くたんに語られる状況は、

 

さすがにプロである私たちでさえ、現在の日本のゴルフレッスン業界の理論を難しく感じてしまいます。

 

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

小原大二郎の100切りゴルフ最速プログラム