読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

評判 中年からのゴルフ アイアン編 口コミ

ゴルフ

f:id:yamazakura77777:20170210123921j:plain

中年からのゴルフ アイアン編

 

 

アイアンが下手だと良いスコアでラウンドする事が出来ません。

 

そんな事はない!

 

アプローチとかパターとか、 スコアメイクする為にはいくらでも、方法はある!

 

確かにそうかもしれません…しかし……

 

考えてみて下さい。

 

1ラウンドで、パーオン6回と、パーオン18回ではどちらがスコアがいいでしょう?

 

もちろん、18回パーオンしたならば、必ずスコアがいいはずです。

 

一方6回でも、パープレーでまわれるかもしれません。

 

しかし、それは、怖ろしい程の精度の高いアプローチと
恐いくらいのパターが入れば……の話です。

 

ただ、それはとても難しいという事はゴルファーならば誰でも解かっています。

 

あなたも簡単に理解できるはずです。

 

寄せワンばかりでは、必ず精神的に疲れてしまい、いつかビッグイニング(大叩き)がやってくるのです。

 

アイアンショットが上手く打てないと色々な所で無理が起こってくるのです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

中年からのゴルフ アイアン編

 

 

アイアンが上手くなる方法!とか、

 

アイアンはダウンブローに打て!とか、

 

巷に溢れている教材や、HOWTO本、動画レッスンなど沢山の打ちかたや、理論に振りまわされてきたのではないでしょうか!?

 

どれをやってもダメで、練習しても練習しても結局上手くは打てなかったのではないでしょうか?

 

無理もありません。

 

ここであなたに質問します。

 

自分の身体がすこぶる調子がいい時に、風邪を引いて、熱が高いくて具合が悪い人の気持ちが解かりますか?

 

確かに、「ああ~、キツいんだろうなぁ~……」とか、「かわいそうに……」

 

とか雰囲気などはわかると思うんです。

 

でも……

 

当事者でないと、本当のキツさとか、気分の悪さって解かりにくいと思いませんか?

 

ゴルフのレッスンでも全く同じ事が言えます。

 

もともと、アイアンが上手い人のレッスンや理論をいくら聞いても、 本当にアイアン悩んでいる人の気持ちはわかりません。


 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

中年からのゴルフ アイアン編

 

 

何をやってもアイアンが上手くならない……


いつもひたすら練習を行っているのだけど、上手くならない……

 

ゴルフの上達に悩んでいる人は、結構熱心で真面目な方が多いです。

 

真面目な人ほど、人一倍練習を行います。

 

練習に勝るものはありませんが、問題は、その練習の質!

 

真面目で熱心な人ほど、ひとつの練習パターンを繰り返す傾向にあり、その方法がドンピシャ自分には

 

ハマっていればいいのですが、自分にあっていない場合に、時間と、労力が無駄になってしまうこともあるのです。

 

疲労がたまった、腰痛や肘痛などを引き起こし、まともにゴルフができなくなってしまう可能性さえ起こりうるのです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

中年からのゴルフ アイアン編