読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170206075403j:plain

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド

 

 

筋骨格、経絡・経穴、神経、脳にくまなくアプローチした。
 頭蓋骨から手足の先まで、異常が無いか全てチェックした。
 生活習慣、食生活、ストレスケアにも十分配慮し、運動指導もした。
 靴も枕も布団も合うものに変えてもらった。


でも、なぜかごく一部に何をやっても効かない、またはすぐに再発する人がいる…


医学の発展が目覚ましく、また 驚愕の効果を謳う整体の教材やセミナーが腐るほどある のに、


なぜこういった状況が変わらないのか?

 

答えはこれしかありません。

 

根本の原因が変わっていない(原因が分からず、直接アプローチ出来ていない)

 

 

f:id:yamazakura77777:20170206080852j:plain

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド

 

 

 

これが良いと聞けば飛びつき学び、まさに技術をコレクションしているような状態で、結局は何が一番良いのかわからず、

 

混乱しながら仕事をしていた次第です。


そして一番の疑問と悩みが、患者さんによってすごく効きやすい手技と全く効かない手技があることでした。


その時は考えが浅はかで、「この何か所を矯正すれば、どんな症状でも良くなるはず」と原因を抜かし、


結果だけを求める治療なので当然、安定したものではありませんでした。


今まではテクニックばかりのセミナーに通っていた私でしたが、
こちらが一番腑に落ちる考えをいただけたと思います。


「何をするか」より「どこにアプローチするか」


の方が大切であることがわかり、その原因を突き止める検査法は、今の現在に私が臨床で使っている感じでは再現性が高いです。


 疑問は解消され治療に迷いがなくなっていきました。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド

 

 

 

凄腕の治療家が太刀打ち出来ない根本原因とは?

 

何度も再発を繰り返す一部の症状の裏には、例えば噛み合わせの狂いや病理的疾患など、

 

最初から民間医療対象外の問題を除くと、主に二つの原因があるのですが、ここで一つ重要な結論を言います。


この二つの原因については、一般的な医学や健康関連の書籍では、取り扱われておりません。

 

つまり、身体に何らかの異変が起こっているのは確かなのですが、身体の中に原因は無く、

 

民間医療を含む医療関係のテキストや専門書の中をいくら探しても、その原因と対策については何も書かれていないということです。


ですので、更に深いレベルの最新医学や新しい手技を学んだところで、その先にこの問題を解決する答えは、恐らくありません。

 

これは別の言い方をしますと、医療技術や整体の手技などによって、身体だけ治そうとしても無意味な問題 なのです。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド

 

 

 

ただややこしいことに、そのような厄介な原因によるものであっても、 直接的には筋肉の張りやコリ、

 

関節の歪みといった形で現れる為 に、よくありがちな要因によって起こる腰痛や首痛、背部痛、その他の筋肉の張りなどとの区別がつかないのです。

 

「 筋肉・筋膜や骨格、圧痛点やら反射点諸々 を調整すれば、一時的にせよ改善することも多いのだから、

 

きっとまだ気づいていない(見落としている)施術ポイントが、 魔法のような手技がどこかにあるに違いない!(=自分の腕が未熟である)」

 

内心こういう考えで日々情報を求め、勉強されている先生が多いのでしょうが、それは私からすれば単なる誤解であり、遠回りにすぎません。


一流のプロにも対処不能の原因に、一体ド素人がどうやって立ち向かうのか?

 

しかしここからが肝心なのですが、「現代医療や最高の手技などでは対処出来ないのだから、

 

更に高度な医学的対策が必要」 ということではありません。


むしろ多くの場合、その逆なのです。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド

 

 

 

私の経験上、こういった医療対象外の問題であろうが、もしくはごくありきたりな腰痛や股関節痛、

 

またはいわゆる未病、不定愁訴と言われる類の問題であろうが、
その根本原因の探り方と対処法は、


ごく単純な検査法の応用によって示される身体の反応などから
「合理的に」推察することが可能であり、


本当に厳しいごく一部の事例を除き、概ね何らかの正しい対策を行うことも、そう大して難しいことではないのです。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

腰痛、首痛、背部通 整体コンプリートガイド