読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD 口コミ

家庭・悩み

f:id:yamazakura77777:20170125131258j:plain

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

もしも、あなたが


「子供の非行・不登校・ひきこもりを解決したい!」


 「もう、自分ではどのように我が子に接したら良いのか分からない!」


と悩んでいるのなら、お読みください。

 

今まで、28年間で2000人以上の、「非行・不登校・ひきこもり」など、子供に関する問題の相談にのり、

 

200人以上の子供と寝食を共にしながら、子供の問題を解決へと導いた、

 

「ご自宅で、非行・不登校・ひきこもりを解決する方法」のすべてをあなたにお教えします。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170125131720j:plain

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

子供が“非行・不登校・ひきこもり”になる原因が心の底から理解でき、 今日からどのような考え方をし、

 

行動を取り、子供と接すれば、 解決へと導けるかという正しい解決方法を手に入れることができる。

 

と聞くと、あなたは「怪しい」「嘘だ」と思うかもしれません。


しかし、私の方法を試された2000人以上のご両親が、短期間で子供の「不登校・ひきこもり」を解決することに成功されています。


早い方ですと、10年以上のひきこもりを1日で解決した事例もあります。

 

なぜ、こんなにも短期間に「非行・不登校・ひきこもり」を解決できるようになるのか?

 

 一体、私が、ご相談をお受けしたご両親に対してどのようなアドバイスをしているのか?

 

また、私が子供へどのようなことを話しているのか?

 

その秘密を包み隠さずに公開します。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

 

もしかしたら、「私だって、子供の話は聞いてあげている」と、あなたはそう思うかもしれません。

 

しかし、実は、ここには、とても大事なポイントがあります。

 

そのポイントは、子供の要求を100%受け入れてあげるという事です。

 

90%ではだめなのです。あなたが子供の要求を100%受け入れるということがとても重要になるのです。

 

しかし、ほとんどのご両親は、この100%が出来ないのです。

 

おそらく、あなたも「子供の要求を100%受け入れることなんて出来る訳がない」と思っていませんか。

 

なぜかというと、子供の話というのは、時として間違っている事が多いから、「子供の100%の要求を受け入れることは難しいと感じてしまうのです。


子供の年齢が思春期に近いほど、常識とは離れた事を子供は親に言ってきます。


あなたも心当たりがあるのではと思います。

 

「なんで、この子は、こんなわがままな事を言うんだろう・・・」


 「なんで、私を困らせるような事を言うんだろう・・・」


そう思ったことはありませんか?

 

こんなわがままを子供から言われれば、子供の為に正しい事を教えてあげるのは、親として当然のことです。

 

ですから、「子供の要求を100%受け入れるなんて、とても出来ない。」と思うのも無理もないと思います。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

この「彼らが望む事を、望むようにしてあげる」事を、「過保護」と表現しています。

 

おそらく、あなたがイメージしている「過保護」の意味とは違うのではないでしょうか。

 

どちらかと言えば、「過保護」に育てるというと、悪い子育てのイメージとしてとらえていると思います。

 

多くの人が勘違いしているのは、例えどんなに世間的に正しい事であっても、子供の為になる事であっても、

 

子供本人が望んでいなければ、それは「過保護」ではなく、「過干渉」と言います。

 

例えば、親が子供におもちゃを買ってあげたとします。

 

子供がおもちゃを買って欲しいと望み、買ってあげたのなら、「過保護」ですが、親が勝手に喜ぶだろうと思って買ってあげたのなら、それは「過干渉」なのです。

 

それから、子供を「過保護」にしすぎると、もっと要求をエスカレートさせてくるかもしれないと思う親もいますが、これは大きな間違いです。

 

あなたが子供の言うことを聞いてあげればあげるほど、あなたがこれは聞いて欲しいといういうことに対して“きちんと聞いてくれる子供”になるのです。

 

もし、あなたの子供が言うことを聞かない子供だったとしたら、子供の方も、「うちの親は言うことを聞いてくれない親だ」と思っていることは確実でしょう。

 

親が「うちの子は、これを望んでいるはずだ」と思っていることを子供にやるのではなく、

 

子供が親に対して望んでいることを、親はきちんと理解し子供の望みに対してこたえてあげることが 正しい「過保護」の姿なのです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD