読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法

病気

f:id:yamazakura77777:20170124090320j:plain

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法

 

 

 

それでは、ここからは「癌(がん)」について具体的にお話していきます。

 

三大療法とは、ご存知の通り「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」の3つの治療法のことで、

 

一般的にガン治療はこの3つの治療法のいずれか、または組み合わせで行われます。

 

ガンの種類や進行度によって、また患者さんの状況や希望によって、どの治療法が用いられるかはケースバイケースですが、

 

問題は果たして本当にこれらの治療法でガンが治るのかどうかということです。

 

確かに三大療法の中にも、一部のガンに対しては効果のある治療法もあります。

 

例えば、急性白血病悪性リンパ腫などのような血液のガンは抗がん剤で治る可能性がありますし、

 

子宮絨毛がんや睾丸腫瘍なども抗がん剤が有効な場合があります。

 

また、小児がんに対しても抗がん剤は効果を発揮することがあります。

 

但し、これらはガン全体のほんの一部に過ぎません。恐らく10%以下ではないでしょうか。

 

つまり、90%以上のガンに対して、抗がん剤は必ずしも有効とは言えないのです。

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法

 

 

 

放射線治療に関しても同様で、放射線がよく効くガンと効きにくいガンがあります。

 

放射線治療は、ガンを治すことを目的として単独で行われることもありますが、その他の治療と併用して行われることも多々あります。

 

また、骨に転移したガンや神経を圧迫しているガンなどによる痛みの緩和に有効であったりします。

 

しかし、放射線治療だけで完治させられるガンはほんの一部にしか過ぎません。

 

そして、最後に手術に関してですが、もし仮に微小転移(ごく小さな転移)もなく、

 

ガンの塊を一度にすべて切除できるのであれば、手術で治る可能性は高いでしょう。

 

しかし、多くの場合、ガンが発見された時には微小転移が起こっていますし、血管やリンパ管からガン細胞は全身に散らばっています。

 

例え手術がうまくいっても、その後の再発や転移には十分に注意が必要です。

 

以上のように、三大療法によって治ったり改善したりするガンも確かにあるでしょうが、

 

いずれの治療法でも完治できるガンは全体のほんの一部にしか過ぎません。

 

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法

 

 

今からお伝えすることは、ドクター荒木が1970年代前半にハーバード大学で研究生活をスタートさせてから積み重ねてきた“知識と経験の集大成”です。

 

ドクター荒木の全人生と言っても過言ではありません。

 

それを今からあなたに順番にお伝えしていきます。

 

もしあなたがこれを聞いて、“ドクター荒木が話していることは正しい”と思って頂けるのであれば、私たちのお勧めする食事法を試してみると良いと思います。

 

 どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。

 

正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。

 

ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。

 

そして、異常なスピードでどんどん成長していくガン細胞は、正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。

 

そして、だからこそ“糖”は「ガンの恋人」と言われるのです。

 

つまり、ガン細胞は“糖”がなくては生きていけないのです。

 

もはや、恋人どころではなく、ガンにとって“糖”は欠かすことのできないパートナーなのです。

 

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法

 

 

 

ということは、つまり、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てば、ガンの成長は止まり、ガン細胞は死滅するのではないか?

 

実は、全くその通りなのです。

 

ガンは糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。

 

その糖(ブドウ糖)の供給を止めてしまえば、ガンを殺すことができるのです。

 

仮に、糖(ブドウ糖)の供給を完全にストップさせてしまったとしても、先程お話した通り、正常細胞は脂肪をエネルギー源にして生きていくことができます。

 

ところがガン細胞はそうはいきません。

 

糖(ブドウ糖)のなくなったガン細胞はたちまち死滅してしまいます。

 

理論上ガンを消すことは決して難しいことではないのです。単純に、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断ってしまえば殺せる訳です。

 

そして、それを理論上の話で終わらせることなく具現化した食事法こそが、私たちがお勧めしている食事法なのです。

 

私たちは、この食事法を“糖”を“断つ”食事、すなわち『断糖食』と呼んでいます。

 

ガン細胞のエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断ち、ガンを兵糧攻めにする『断糖食』こそが、ガンに最も有効な食事法なのです。

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

崇高クリニック がん対策プログラム~ノンカーボ治療法