読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

必見! サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修

スポーツ

f:id:yamazakura77777:20170121074945j:plain

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修

 

 

 

なかなか沖にも出られないし、波も乗りこなせない


運動神経が悪いとサーフィンは直ぐに上手くなれない…

 

もしかすると、このように思われているかも知れません。


あなたは、どうすればサーフィンが上手くなれると思いますか?

 

サーファーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?

 

走り込みで『下半身を鍛える』


 『ひたすら量をこなし反復練習をする』

 

いいえ…これだけでは、決して早くサーフィンが上達しません。


このようなサーフィントレーニングは、


 数世代前のトレーニングと言わざるを得ません。


 「じゃぁ、一体、どんなサーフィントレーニングをすれば…?」

 

f:id:yamazakura77777:20170121075156j:plain

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修

 

 

悩みや疑問は様々なものがあります。

 

しかし実は、このような悩みや疑問は、全てこのサーフィントレーニングプログラムで解決することができるんですね。

 

ここから、とても重要なことをお話しします。

 

慎重に読んでください。

 

このサーフィンプログラムでは上級者、全てに共通している

 

『体の使い方』


『体重移動の仕方』


『ターンの仕方』


『バランスの取り方』


『力を入れるタイミング』

 

など、これ以外にもサーフィン上達に必要な全てを、このプログラムで強化&改善します。

 

これは『才能』や『センス』と全く関係ありません。

 

肉体改造と動き上達の指導をしてきた経験から、『これからサーフィンを始める人から中級者』

 

まで、実践すれば、結果が出る内容にしています。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修

 

 

 

また、場所や多くの時間が必要な練習法ではないので、自宅で1人でも実践することができます。


むしろ、そういった限られた時間しかとれない人でも出来るようなメニューを組んでいるので、安心して取り組んでください。

 

効果的な3つのステップとは?


「とても辛いトレーニングじゃないんですか?」


「特殊な環境が必要なのでは?」


「ある程度できる人でないと無理だろう」

 

ご安心ください。とても簡単で、一人でできます。


 決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

 

 実は、

 

大きく分けて、サーファーとしての効果的なトレーニングはたった3つのことを意識しながらトレーニングするだけなんですよ。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170121080618j:plain

 


どうでしょうか?


たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修

 

 

このプログラムは


『短期間でサーフィンが上手くなる』 だけではなく『サーファーとしての理想的な体』 も手に入れることができます。

 

あなたが、

 

●サーフィンが上手くなりたい


●いつでも簡単に波に乗りたい


●キレのあるカットバックをしたい


●正しい練習法を知りたい

 

と考えているならこのプログラムは、あなたにとって、とても重要なものになります。

 

飛躍的に効果が出るサーフィントレーニングとは?


ほとんどの方が独学サーファーだと思います。

 

しかし、常に指導者がいるわけではない独学サーファーの方は、
 基本がマスターできずに海に入っていても、


 海という自然の強さに負け、波のスープの洗礼にも遭い、

「自分には向いてないかも・・・」


「小さいころからやっていないとやっぱり無理かなぁ・・・」

 

と、断念したり自信を失ってしまう人が多いです。


実際、優れた指導者から教わったサーファーは上達のスピードが
格段に違います。

 

ただ教われば良いというわけではありません。


優れた指導者に効果が出る練習法を教わるのが大切なのです。


上達するか、しないかの違いは、効率的な練習法を知るか知らないかの違いだけなのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修