読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』 口コミ レビュー

ゴルフ

f:id:yamazakura77777:20170119070243j:plain

 吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

 

 

 

まず、あなたにお伝えしたいことがあります。

 

それは、スライスが治らない原因は、決してあなたの努力不足ではないということです。

 

 結論から申し上げますと、これらの原因のほとんどは これまで「常識」と言われてきた、既存のゴルフ理論にあります!

 

これまでのゴルフ理論が、すべて間違っていると言っているのではありません。

 

アマチュアの方がゴルフを始める時、ほとんどの人が会社の上司や知人から手ほどきを受け、ある程度打てるようになると、

 

今度は、ゴルフ雑誌(今はyoutubeでしょうか?)などから情報を得ているでしょう。

 

その中には不要な理論が多く、気づかないうちにドツボにはまり、スライス地獄で飛距離が落ち、

 

さらにセカンドショットもうまく打てず、スコアの停滞につながっているのです。

 

 


続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

 

 

 

f:id:yamazakura77777:20170119070425j:plain

 

あなたは、こんなゴルフ理論をやり続けていませんか?


●バックスイング始動の時、クラブヘッドをまっすぐ引く


●バックスイングでは、顎の下に左肩を入れる


●ダウンスイングの時、右肘を落として、脇をしめる


インパクトの時、手首を返さない


●振り遅れないように腕を振る

 

 などなど、、、挙げるとキリがないですが、

 

もし、あなたがこれらの「昔のゴルフ理論」をいまでも実践しているのなら、スライスが治らないのは当然の結果です!

 

のべ24,100人以上が効果を実感した「飛距離アップ」、「スコアアップ」につながるスライス改善理論とは…

 

これらすべて、スライスを改善するにはまったく必要はありません!


このほかにも「常識」とされている理論が、逆にスライスを助長している例はたくさんあります。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

 

 

 

「すぐに・簡単に・まっすぐ、ドライバーが打てるようになる」

 

こう伝えている雑誌やTVが、世間には数多くあります。


インターネット上でも、そのような情報があふれていますよね。

 

ですが、実際どうでしょうか?あなたは治すことができましたか?

 

答えはNOだと思います。


ですが、それは当然です。

 

なぜならそれには2つの理由があるからです。

 

人の体は構造上、 必ずスライスするようにできているから

 

そもそもスライスを『修正すること』は不可能です。

 

なぜなら人は、まっすぐ打とうとすると、必ずスライスをしてしまう体の構造になっているからです。

 

 考えてみてください。スライスに悩むゴルファーは、日本だけでなく世界中でも後を絶ちません。

 

それは、文化やライフスタイルに関係なく、人である以上、必ずスライスしてしまうからなのです。

 

そのため、スライスはある意味、正しく体を使っている結果とも言えます。

 

だからこそ、狙った方向に対して、しっかりと打とうすればするほど、奇妙な表現ですが「正しくスライスしてしまう」んですね。

 

「簡単に治る」と宣伝するとメディアが売れるから

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

 

 

 

私の理論は、とてもシンプルで簡単です。

 

スライスを改善する方法はたった1つ!

 

それは…


ズバリ、『ドローボール』を打つことです!!


ボールにドロー回転をかけること。


ドローボールを打つことこそが、スライスを根本から治してくれます!

 

「ドローボールを打とうとするとフックやチーピンになるからイヤなんだよ!」


 「だから、スライスの曲がりを抑えたフェードボールの方が安心できるんだ!」

 

その気持ちはよくわかります。 でも、カット軌道のスライス系の球ばかり打っていると、ここ一番で「シャンク」が出ます。


シャンクが出ると、ゴルフやめたくなりますよね。

 

 吉本理論では、アマチュアの方でも、簡単に、いつでもドローボールが打てます。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

 

 

ドローボールを安定して打つには、手首をこねる打ち方ではなく、「幹となる身体を使った」打ち方になります。

 

身体を使った打ち方で打ったドローボールは、限りなくストレートに近い理想的なドローボールになります。

 

タイガーウッズ、石川遼など8割のプロが選んだ ”持ち球”は、ドローボール!!

 

今、ゴルフツアーのトレンドは「限りなくストレートに近いドローボール」です!

 

プロが選んだドローボールとは、ストレートに飛んで、落下する時に”スッー”と左に落ちる球筋です。

 

ここ一番のときに、狙った弾道で狙った場所にボールを運べます!

 

 男子ツアーの石川遼選手、女子ツアーのイ・ボミ選手、PGAツアーのタイガー・ウッズ選手やマキロイ選手、

 

松山英樹選手といったスター選手たちの持ち球は、すべてこの「ドローボール」です。


このドローボール習得法は、初心者でも簡単に習得できるプログラムです!

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』