読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ゴルフ 40代からの激芯ドライバーマスター 杉村良一

ゴルフ

f:id:hanamizuki99999:20170105083437j:plain

40代からの激芯ドライバーマスター

 

 

例えば、一緒に廻っているAさんという方が


コンスタントに230ヤード、ドライバーを打つとして、

 

あなたはがドライバーを打ったら頻繁にチョロが出てしまう……

 

とします!

 

チョロの飛距離はせいぜい30ヤード。

 

その時点で既に200ヤードものハンディを負っているわけです。

 

2打目を打っても、やっとAさんのティーショットの地点に届くかどうか……

 

この状態で同じ土俵で戦う事ができるでしょうか?

 

それだけ、ドライバーショットが打てる人と打てない人の差は
「ティーグランド」から発生しているのです。

 

 

f:id:hanamizuki99999:20170105084508j:plain

PGAティーチングプロ杉村良一 現在48歳

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

40代からの激芯ドライバーマスター

 

 

 

私のドライバーレッスンでは、

 

「ドライバースイングは、大根切りでスイングしてください」

と必ず伝えます。

 

この大根切り打法で私のハンディキャップ5のレッスン生は、
ドライバーの極度のイップスから脱出するだけでなく、


ヘッドスピードを格段にアップさせ、飛距離を30y~50yアップさせることに成功させました。

 

このドライバー大根切り打法は、クラブヘッドの遠心力を最大限に高め、


ヘッドスピードを極限まで引き上げてくれるでしょう。

 

それだけでなく、大根切り打法はスイング軌道を安定させるので
 この打法から繰り出されるドライバーショットは飛距離がでるだけでなく

 

曲がりません!!

 

もし、あなたがドライバーショットで少しでも


飛ばない、曲がってしまう、方向が安定しないなど


悩みがあるのなら少しだけ私の非常識なドライバー新理論に耳を傾けてみて下さい。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

40代からの激芯ドライバーマスター

 

 

 

ゴルフだけは未だに

 

「手首を返せ!ボールをしっかりと見ろ!頭を残せ!」

 

という教えを神話のように守っているのです。

 

これは、コンピュータ―制御されている最新の車を
無理矢理、自力で動かしているのと同じです。

 

タイヤの回転や空転、横滑りの修正などはほとんど自動で行われるのに その機能を無視して自分で修正しようとしているようなものです。
 

 

今まで、受け継がれてきたドライバーの考え方は


もう通用しない時代がやってきました。

 

このゴルフ物語の核心です。

 

「だから、ドライバーが苦手な人は
永遠にドライバーが打てないんだな!!」

 

私は確信しました。

 

今は、道具も違うし、スイングの理論が違う!


 少なくとも私の周りにいる一流プロや私がレッスンを行っている生徒さんは


そんな錆びた古い旧世代のゴルフ理論で打っておりません。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

40代からの激芯ドライバーマスター