読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

株式投資 株リッチプロジェクト

株トレード

f:id:hanamizuki99999:20161203082701j:plain

株リッチプロジェクト

 

 

これだけは最初に“強く”言っておく必要があるのですが、『投機筋(仕手筋とも言いますが)』が介入しやすい銘柄は確実に存在するということです。

 

しかし残念ながら、一般投資家は、このような“事実”があることすら知りません。

 

カネを払って銘柄情報を入手したときは、株価は急騰してしまった後で、“エイヤ!”でエントリーした途端、急落に巻き込まれて、大きな損害を被ることが、ほとんどではないでしょうか?

 

逆に、特定の銘柄を知り、『投機筋』が介入した直後に
 エントリーできたとすればどうでしょうか?

 

そのポジションは、かなりの確率で大きな利益を生み出してくれるはずです。

 

 

<詳しくはこちら>

株リッチプロジェクト

 

 

そこで“あるプロジェクト”に、あなたをご招待したいと思います。


 具体的な内容は、後述しますが、あえてザックリ言えば、株価の安い“低位株”の中から・・・


株価が2倍、3倍になりやすい“特殊投機銘柄”に絞りこむことで
難しい“銘柄選び”から“解放”され株価急騰時の“上がり始め”に、エントリーすることができるようになり


なおかつ、株価下落時には“空売り”でもエントリーしながら
プロ投資家が使っている“利益確定手法”を活用していただき
毎月、安定した利益を得ることができる個人投資家に変貌するために・・・

 

必要な「知識」、「技術」、そして

 

“特殊投機銘柄リスト”すべて…

 

出し惜しみすることなく、あなたに提供しようというのが、今回ご提案するプロジェクトなのです。

 

 

<詳しくはこちら>

株リッチプロジェクト

 

 

ほとんどすべての株式投資の入門書には、「業績の良い銘柄を買うべきです」と書いてあるはずです。

 

証券会社やその他、投資のセミナーで銘柄を紹介される場合は、
 「この銘柄は業績が良いので、まだ上がるはずです」などと、
 紹介されることがほとんどです。

 

一般論で言えば確かに、業績の良い銘柄を売買することが
正しい方法であることに間違いはありません。

 

なぜなら、最終的に株価は企業の業績を反映するからです。

でもですよ・・・

 

それが正しいのなら、

 

実は・・・

 

業績の良い銘柄、あるいは今後も業績が伸びる銘柄は、すでにファンド勢や、大口投資家がすでに買い終えており、株価は相当に高い位置であることがほとんどなのです。

 

そして、上昇の最終局面で、一般個人投資家が参入し、その時には、ファンド勢、大口投資家は売り始めてくるのです。

 

そうなると株価は上昇から下落に転じ、一般個人投資家は、
 利益確定できず、あっという間に含み損を抱えてしまいます。

 

このようなことは、今に始まったわけではなく、数百年の相場の歴史で繰り返し起こっているのです。

 

特に、1990年のバブル経済の崩壊以降、個人投資家が“業績の良い銘柄を買う”という“ワナ”に嵌り、汗水たらして働いて稼いだ大切なお金を株式市場で吸い取られ続けているのです。

 

これを読んでいるあなたも、そんな経験をお持ちではないですか・・・。

 

結論から言えば、業績の良い優良銘柄の株価が、右肩上がりの状態のとき、個人投資家にとって、極めてリスクの高い投資になるということです。

 

 

<詳しくはこちら>

株リッチプロジェクト

 

 

「えっ、どうして??」


 「業績の良い株が上がるんじゃないの??」

 

と思われた方も多いことでしょう。

 

これが株式投資における“盲点”になっているのです。

 

「業績の良い銘柄が上がる」とは、あくまでファンダメンタルズ上での原則論であり、市場参加者の“需給構造”とは別の話なのです。

 

どういうことかといえば、企業業績を用いて株価分析をする
ファンダメンタルズ分析」は、どうしてもタイムラグが生じ、
エントリーはどうしても時間的に遅れがちになります。

 

業績が改善してきたと一般個人投資家に知れまわるときには、
大口投資家はすでに仕込み終えており、株価はかなり上昇し、
その上昇過程で大口投資家はかなりの株数を取得しています。

 

大口投資家も、市場で買った株は市場で売却し、利益確定をしようとしますから、 誰かに高値で買ってもらう必要があるのです。

 

そこでターゲットにされるのが“一般個人投資家”なのです。

 

 

<詳しくはこちら>

株リッチプロジェクト