読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

口コミ 妻に許してもらい離婚を回避する方法

家庭・悩み

f:id:hanamizuki99999:20161129115325j:plain

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

以前は司法書士として活躍していたため、たくさんの離婚現場に遭遇してきました。

 

 離婚調停や離婚裁判なども、依頼人と二人三脚で、数多くの事件を解決してきました。

 

そのため、離婚問題ついて、相談しやすい雰囲気があるのかもしれません。

 

しかし、いくら経験豊富で心理学をたしなんでいたといっても、知人の紹介です。

 

ご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、雑談のような形で相談にのっていました。

 

その中で妻から離婚をせまられている夫から


  「どうして妻は許してくれないのか」

  「こんなに一生懸命、謝っているのに・・・」


という相談はとても多くありました。

 

その謝罪したい気持ち、本当によくわかります・・・。

 

自分に罪の意識があるのだから、誠意を持って謝罪したいと。

 

そして、どんな償いでもするから、自分を許して欲しいと。

 

だから、離婚だけはしないで欲しいと・・・。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

 でも、考えてみてください。

 

ごめんですむなら、警察はいらないって格言(?)ありますよね。

 

「ごめんなさい」ですむなら、1年間に離婚件数が25万組もあるはずがありません。

 

「ごめんなさい」じゃすまないから、離婚の話しはもめるのです。

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも「ごめんなさい」で済むことなどほとんどありません。

 

「ごめんなさい」じゃすまないから、人間関係はトラブル続きで、誰でも悩むのです。

 

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも、ごめんなさいで済むことなどほとんどありません。

 

 

  「心から謝罪すれば誠意は伝わる」

  「冷静に落ち着いて話し合う」

  「心を開いて話し合えばわかりあえる」


なんてアドバイスがあったとしたら、それはありきたりの話しです。

 

もちろん落ち着くことは必要ですし、心を開くことも大切でしょう。

 

しかしそんな当たり前の話しで、妻の怒りが静まって許してもらえるなら、誰も離婚問題で悩んだりはしないのです。

 

真剣に反省しているから誠意ある対応をしようとしているのに、妻に許してもらえないから困っているのです。

 

そして妻に許してもらえないまま、とうとう離婚が成立してしまい、孤独でさみしい人生を過ごすことになるのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

妻が怒っているのは


  「自分が浮気をしたから」

  「自分が妻に手をあげてしまったから」


と誰しもが答えます。

 

それではお聞きしますが、どうして妻はあなたの浮気に怒っているのですか。

 

 妻はあなたのことが大好きなのに、他の女性と仲良くしたのが気に入らないのですか。

 

大好きなあなたとケンカしたことがショックで、離婚するのですか。

 

そんなこと、絶対にありえないことぐらい、誰だってわかります。

 

つきあいはじめて間もないカップルじゃないんです。

 

結婚して何年もたてば、恋愛感情がなくなるのは誰でもわかる常識です。

 

それならば、妻はどうしてそこまで怒っているのか?

 

その理由を勘違いしているから、間違った対処法をしてしまうのです。

 

そしてもし間違った対処法をしてしまうと火に油を注ぐことになります。

 

 妻の怒りはさらに激しくなって、離婚は一気に加速します。

 

よくやる間違いとしては


  「母子家庭では生活が大変だよ」

  「女性は離婚すると経済的に損をする」

  「離婚は子供の教育によくない」


というものです。

 

これらの言い分は、ある一面でとても正しいので、
男性はついついこのようなことを妻に言ってしまいます。

 

しかしこのような発言は、時期やタイミングを間違えると、
妻の怒りはさらにいっそう爆発するのです。

 

実際「母子家庭では生活が大変だよ」等の発言で 妻を冷静にさせることは100%不可能です。

 

それどころか、かなり高い確率でさらに離婚が加速します。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

 

妻に離婚をせまられていてあせっている夫は、 このようなこともわからなくなっているのです。

 

このようなことは、怒りというのを心理学からきちんと把握すれば、 誰でもわかるようになります。

 

離婚を回避するのに一番いい方法は、 実際に離婚を回避できた人のやったことを、マネすることです。

 

人が怒る理由に、それほど大きな差はありません。

 

浮気やDVをされた妻が怒って離婚をせまる理由は、 A妻もB妻も大差ないに決まっています。

 

それなら妻の怒りを静めて離婚を回避できる方法だって、A妻もB妻も大差ないのです。

 

だから、難しい心理学の話しを、きちんと理解する必要などありません。

 

成功者は誰でも、他の成功者のマネをすることから始めます。

 

だからあなたは現実に離婚が回避できた人と、同じ事をすればいいだけなのです。

 

マネをするというのは、考えなくてもよいですから誰でも簡単にできることです。

 

そして成功事例のマネをするということは、はるか大昔からの成功法則の鉄則なのです。

 

私はこれまで、多くの「離婚したくない夫」の相談をたくさん受けました。

 

しかし、話している内容はほとんど同じです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

相談者は、個人的な事情を一生懸命話します。

 

しかし私は誰に相談されても、同じことばかり答えているのです。


「妻の離婚の決意は、本当にとても固いです。」

 

「こんな状態で、妻に離婚を取り下げてもらえるのでしょうか?」


ということを、必ず全員が言います。

 

 そして相談者は自分の悩みがいかに特殊であるかを話すのです。

 

 しかし私は「あぁ、また同じか」といつも私は思っています。

 

まずはじめに、離婚調停は1年間で約6万件ですが、 離婚調停で離婚が成立するのは約3万件です。

 

ということは離婚が成立しなかったあとの約3万件は、どうなったのでしょうか?

 

実は離婚調停が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行して続けられています。

 

ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っているのです。

 

だから、あなたは離婚回避という十分に可能性のあることをやろうとしているのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法