読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

森本光洋 ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

ゴルフ

f:id:hanamizuki99999:20161125120411j:plain

森本光洋 ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

 

あなたは年齢と共に飛距離が落ちたと感じてはいませんか?

 

「クラブを新調しても、練習ボールを何球打っても飛距離は伸びず落ちる一方」

 

「年齢と共に飛距離が落ちるのは仕方がない」

とあきらめてはいませんか?

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161125120603j:plain

 

しかし、少し考えてみて下さい。

 

ゴルフの道具は進化しています。

 

例えばウッドに関して言えば材質が木→メタル→チタンに、更に大きさもどんどん大きくなり今では450cc前後のものが多くなっています。

 

 

アイアンに関しても小ぶりなマッスルバック型から大きなヘッドのキャビティ型アイアンへと変化しています。

 

現代のゴルフクラブは、アベレージ・ゴルファーでも、以前のクラブより遙かに飛ぶように設計されているのです。

 

ダンゴルフ、ベンホーガンの時代とは競技が違うといっても過言ではありません。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

 

ところが、これだけゴルフクラブが進化しているのに、あなたのゴルフスイングは、ウッドやメタルのゴルフクラブで習った時と同じではありませんか?

 

 

実は、ここに飛距離が伸びない、方向性が悪い、ゴルフスイングが安定しないという悩みの大きな原因があるのです。

 

これだけ道具が進化しているなら、進化したゴルフクラブの性能を最大限に発揮することができれば、あなたの飛距離も、伸ばせるとは思いませんか?

 

そうです。

 

現代のゴルフでは、ゴルフクラブの性能を上手に利用することができれば、体の衰えや体格的なハンデはある程度カバーできるのです。

 

具体的には、短尺、小ヘッド、まるで鉄の棒のような硬いシャフトの時代のゴルフスイングから、長尺、大ヘッド、高跳びのポールのようにしなる最新のシャフト性能を活かしきるゴルフスイングへとあなたのスイングも進化させなければなりません。

 

 

その進化の秘訣は、自分のスイングリズムを見つけ、シャフトのしなりを最大限に利用することにあります。

 

進化した道具を100%活かす、しなりを活用したゴルフスイングをあなたが身につけた時、あなたはこれまでにない飛距離と方向性を手に入れることが出来ます。

 

 

しかし、そのことに気付く人はまだ多くありません。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

 

まず始めに、あなたにゴルフのスコアを一気に縮める秘訣をお教えします。


 明日からのスコアが、最低でも10は縮められる秘訣です。

 

それは、ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にするということです。

 

これができれば、あなたのスコアは明日にも10打以上は縮まります。

 

全てのショットで一定のリズムを保つことによって、あなたのスコアは安定するようになります。

 

ぜひ、あなたも今日からドライバーからアイアン、パターに至るまでリズムを同調させてみて下さい。

 

きっとゴルフのスコアがアップすることでしょう。

 

ただし、このスイングリズムというのは人それぞれ異なります。
テンポの速い人もいれば遅い人もいます。

 

例えば、タイガー・ウッズ石川遼ジャンボ尾崎選手などはスイングのリズムが速く、一方、宮里藍、藤田寛之選手などはスイングのリズムがゆっくりです。

 

 

どれが正しくどれが間違いということではなく、人それぞれ自分なりのスイングリズムというものがあるのです。

 

自分に合うスイングリズムでなければスコアは伸びません。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」