読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

話題 グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

英語・英会話

f:id:hanamizuki99999:20161124210314j:plain

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

●仕事で英会話が必要になってきたが、ビジネス英語の経験がない・・


●ペラペラでなくてもいいから、とにかく通じる英会話を習得したい・・


●外国人からの電話だと緊張して、うまく英会話ができない


●言いたいことが英語で出てこない・・


●会議やメールがすべて英会話になってしまい、まったくついていけない

●ビジネス英語はほとんど使ったことがなく、苦手である

 

●ネイティブのような正しい発音や文法でないと、英語を話すのが恥ずかしい・・


●日常英会話より、ビジネス英会話の方が難しいと思っている・・
 

◎YESが2?3つ以上ある方へ

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

きっと、あなたの英語に対する考え方が大きく変わり、世界中の人達とビジネス英会話を自由に楽しむことができる


 その答えをきっと見つけることでしょう。


これまでの英語教育界では無視されてきた!

 

日本のビジネスマンが英語を話せない「本当の理由」とは?

 

今の日本では、小・中学校の義務教育から長い間英語を学び、


また、巷には英語のスクールや教材が数多くあるのに、なぜ、日本人の多くは英語を話せるようにならないか?


 不思議に思ったことはありませんか?

 

実は、そこには、学校や英会話スクールでは絶対に教えない、また、私達の日本人の多くが知らない「意外な理由」があるのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

よく、日本人が英語を話せないのは、暗記型の受験英語ばかりやってきたから、文法重視で実際に話す訓練をしなかったから、とかいろいろな理由があげられます。

 

 

確かにそれも要因なのですが、でもよく考えてみてください。


受験勉強はそれこそ、海外の国でもあるし、今の日本の学校では、英語を話すための授業もやっています。

 

実は、そこには、これまで英語教育者や英語スクールが、まったくといいほど触れてこなかった、日本特有の問題があるのです。

 

それは・・

 

現在の日本の英語教育、英会話スクール、教材のほとんどは
 いわゆるネイティブ(米英を母国とする)英語をベースとしていることです。

 

 

そして、いまだ多くの日本人は正しい英語=米英のネイティブ語であると、信じこんでいます。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

 

無理にネイティブのようにうまく話そうと思うから、英語が話せなくなるのです。

 

そして、ビジネス英会話によるコミュニケーションでは、正しい発音、正しい文法、たくさんの単語を無理に覚える必要はありません。

 

一見不思議に思われるかもしれませんが、これは本当のことなのです。

 

もし、あなたが異文化の人達とのコミュニケーションの原理とコツを知り、必要最低限の単語、文法さえ理解してしまえば、まるで、これまでの自分がウソのように、外国人とカンタンに英語で話すことできるようになります。

 

 

そして、ビジネスの英会話では、まったくネイティブのような
発音で話せなくても十分に通じるし、正しい文法ではなくてもまったく問題ないと。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

どうやったら、自分が言いたいことを英語にすることができるのか?

 

そんな時、たまたまインターネットで「英語パラフレーズ会話術」という方法を知りました。

 

この会話術のポイントは、「やさしい言葉に言い換えて、知っている英語で言ってみる」ということだったのですが、要約すると、こういうことでした。

 

 

1)まず、何も考えずに英語で言いたいことを日本文にする


2)その日本文をシンプルでわかりやすい文章に変換する


3)自分が知っている単語やフレーズでそれを英語にしてみる


4)発音してみる

 

例えばこんな感じです。

 

イチローがアメリカで活躍していますね」

という内容を英語を伝えようとしたとします。

 

「活躍」って、英語でなんて言うのだろう?

 

となると、そこで言葉が詰まり、終わってしまいます。

 

そうではなく、「活躍」という言葉を別の日本語に置き換えてみるのです。

 

例えば、「活躍=良いプレイヤーで人気がある」というように。

 

そして、今度は「彼は良いプレイヤーで人気がある」を英語に変換してみます。

 

Ichiro is a good player and is popular in USA

 

どうでしょう?

 

これだったら、「活躍」という単語を知らなくても伝えることができますよね。

 

こんな感じで、アウトプットの練習を繰り返していくと、 どんどんスムーズに英会話ができるようになるという方法です。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム