読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

口コミ うつ病で障害年金を受給する方法

家庭・悩み

f:id:hanamizuki99999:20161122144715j:plain

うつ病障害年金を受給する方法

 

 

うつ病でも生活費を気にせず療養生活に専念したいとお考えの方
 障害年金2級(月額18万円)を受給できれば、それも可能です。


 経験豊富な社会保険労務士がそのお手伝いをします。

 

★ うつ病等の精神疾患を患い、傷病手当金で療養してきたが、
 支給開始日から1年6か月が近付いてきた。


しかし、当分は働ける見込みがない。


傷病手当金の支給がなくなった後の生活費が心配だ。


★ 前回、傷病手当金を受給してから1年6か月が経過している。


 今回、また、うつ病等の精神疾患が再発した。しかも、とても働ける状態ではない。


傷病手当金は、再度受給出来ない。

 

 療養生活に専念したいが、生活費が心配だ。


★ 自営業、無職、主婦、非正規労働者であったため、傷病手当金を受給出来なかった。


 初診日から1年6か月以上経過したが依然として働ける状態にない。


障害基礎年金を受給し、生活費を確保したい。


このような場合、障害年金2級の受給を目指すことが一番の近道です。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 

 障害厚生年金2級を受給することができれば、月額約18万円
 (配偶者、18歳未満の子供が2人いる場合)の生活費を手に入れることが出来ます。

 


なお、障害年金所得税地方税の税金がかかりませんので、
この金額はそのまま手取金額となります。

 

 

 障害年金2級を受給出来るような申請書類(特に診断書)を準備するにもノウハウが必要です。

 


 個人の方が、なかなか、障害年金2級を受給できないのは、このノウハウをご存じないからではと思います。

 

 

最近、うつ病等の障害年金の認定が厳しくなったと聞きますが……


そうなのです。以前なら2級と認定された方が3級と認定されるケースが増えています。


どういうケースかというと、初診日から1年6か月しか経過していない段階で、 障害年金の申請をされる方に多いようです。


障害年金の審査で、病歴の長さも考慮にいれるようになったと感じています。


どうしてこうした事態が生じたのでしょうか?

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 


2014年以降は、団塊の世代の多くが65歳以上となり、老齢年金の支給が急増したため、老齢年金、障害年金、遺族年金の合計給付額が急増しています。

 


このうち、老齢年金、遺族年金は書類が整っていれば、問題なく給付される年金です。


年金制度を維持するためには、支給する年金額の増大を出来るだけ抑えることが必要になっています。


そのため、障害年金の新規請求の審査が厳しくなってきたものと推察されます。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 

障害年金でも身体に係るものに関しては、一定の検査数値の基準を満たせば、ほぼ自動的に障害認定されます。


うつ病等の精神疾患の場合は、こうした検査数値で障害等級が
判断されるものではないため、審査が厳しくなってきているわけです。

 


さらに、最近うつ病等の精神疾患に罹る人が増加し、精神疾患での障害年金申請が増加していることも、審査が厳しくなった一因と考えられます。

 


従来なら障害等級2級と認定された人が障害等級3級と認定されたり、障害等級3級と認定された人が不支給と認定されるようになった話を同業の社会保険労務士仲間からよく聞くようになりました。

 


このマニュアルでは、こうした傾向を踏まえ、うつ病等の精神疾患でも、障害等級2級受給を実現出来るように工夫しております。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法