読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

実践 試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

f:id:hanamizuki99999:20161119170907j:plain

試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

 

 

 

さて、今回あなたにご紹介するのは、 言語、計算、論理的な思考を司る左脳を使った速読術となります。

 

一般的に知られている速読術は、 写真記憶(フォト・メモリー)とよく似た能力を使う「右脳型速読術」となり、 習得出来ればまさに驚異的なスキルとなるでしょう。

 

 

しかし習得できたという人は極めて少なく、 一種の才能が必要な方法と言われています。

 

「右脳」「左脳」という言葉は速読術だけではなく、 記憶術でもよく使われていますが、分かり易いように、「右脳型速読術」と「左脳型速読術」の違いをご説明していきます。


 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

 

 


日本人に右脳型速読術は向いていない?

 

まず右脳はイメージで物事を捉えるため、 右脳型速読術では、文章を出来る限り映像にイメージ変換して読んでいきます。

 

 

「若い女性が古風な柄の着物を身につけて、  雨が降りそうな夕暮れの中歩いていた。」

 

このように頭の中でイメージしやすい文章や小説などに向いている速読術となります。

 

頭の中にイメージを浮かべるので記憶の面も優れていると言えますし、 その人によっては創造性や感性も伸びていくでしょう。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

 

 

 

右脳型記憶術の特徴


視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触角の五感を司る右脳を鍛える方法である文章を出来る限り脳内でイメージ変換する

 

雑誌や小説などをパラパラめくって写真のように読み取っていく
脳内にイメージが残るため記憶に残りやすい

 

速読の面では・・・身につければ驚異的なスピードで速読できるようになるが、マスターできる人は極めて少なく、学習面での論理的な文章をイメージ化するのは極めて困難である。
 


次に左脳型ですが、左脳は主に論理的な思考や分析の際に働く事から、  哲学書や参考書などの専門的で論理的な文章を速読するのに向いています。

 

書き留めたもの、つまり文章は左脳で処理されるため、 文字情報の取得スピードを上げる訓練をしていく左脳型速読術は、受験やビジネス書、資格試験、語学、などの習得に効果を発揮します。
 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

 

 

 

左脳型速読術の特徴

 

文字や言語、論理的な思考を司る左脳の能力を鍛える方法である


言語、計算、問題文などの論理的な文章を、ある流れに沿って脳内で処理していく


活字を拾って読み進めていくため専門的な本を読む事が訓練にもなる


速度は右脳型に劣るものの、文章の理解度や知識のインプット力の面で優れている


 

つまり・・・

 

単に技術論から成り立っているため特別な才能は必要なく、学習面やビジネスシーンなどの「論理的な文章」が関わるすべての面で活用できる
 
右脳型、左脳型の特徴を簡単に挙げてみましたが、 日本人の半数以上が右脳型速読術の習得は 極めて難しいものだと考えています。

 

 

なぜなら、日本人は「右利き」が多いということも理由の1つとして挙げられます。

 

 

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、 右手を使うと左脳が鍛えられ、逆に左手を使うと右脳が鍛えられます。

 

つまり、主に右手を使うことが多い私たちは、左脳を使うことに慣れているため、右脳をメインに使おうとしても苦戦してしまうのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法