読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編 評判

ゴルフ

f:id:hanamizuki99999:20161117141539j:plain

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編

 

 

今回は、以下のどれかに当てはまる方への「特別なご案内」です。

 

「ドライバーショットの飛距離が伸びない…」


「ドライバーショットで強い球が打てない…」


「スライス気味で、ボールが真っ直ぐに飛ばない…」


「好調と不調、調子の波が激しい…」


「ドライバーの芯でボールを捉えられない…」


「ティーグランドに立つと、足が震える…」


「スイングがぎこちなく、違和感がある…」

 

もし、どれかに当てはまるなら、今からの話は大切です。

 

なぜなら、あなたのゴルフ人生において、大きな転機になるかもしれないからです。

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161117141822j:plain

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編

 

 

飛距離が伸びないのは、あなたの努力不足ではありません。

 

既存のゴルフ理論のデメリットを知らず、振り回され続けていることが、最大の原因なのです。

 

たとえば、あなたは、こんな理論を聞いたことがありませんか?


 
「ダウンスイング時に、腕を思いきり振れ!」のウソ…

 

たとえば、一般的によく言われている、


「ダウンスイング時に、腕を思いきり振れ!」という理論。

 

あなたも、一度は聞いたことがあるでしょう。


一見すると、腕を使ってクラブを思いきり振ると、ヘッドスピードがアップし、飛距離が伸びるように感じられます。

 

しかし実際は、思いきり振れば振るほど、ヘッドスピードが下がってしまうこともあるのです。

 

なぜなら、ダウンスイング時にクラブを思いきり振ろうとすればするほど、右腕は、伸びてしまいやすくなるからです。

 

たしかに、右腕が伸びることで力が伝わり、ヘッドスピードは加速しやすいでしょう。

 

しかし、アマチュア選手の多くは、思いきりクラブを振ることで、インパクトよりも前のタイミングで、右腕が伸びてしまいます。

 

すると、最大のヘッドスピードでインパクトを迎えることができません。

 

結果的に、インパクト時には、ヘッドスピードが失速した状態となり、かえって飛距離が落ちてしまうことになるのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編

 


 
問題は、これだけではありません…

 

飛距離をだそうとして、ダウンスイング時に腕を振れば振るほど、クラブヘッドの軌道が不安定になりやすくなることは、ご存じでしょうか?

 

 

たとえ、腕を振ることでヘッドスピードがアップしても、クラブヘッドの軌道が不安定になってしまうと、正しい入射角度でインパクトを迎えることができない。

 


サイドスピン(スライス回転やフック回転)となってしまい、力が左右にロスしてしまう。


クラブの芯でボールをヒットできなくなってしまう。

 

などの問題を抱えることになり、かえって飛距離が落ちてしまうのです。

 

ダウンスイング時に、腕を思いきり振ったところで、アマチュア選手がクリーンヒットできるのは、100本に1本くらいでしょう。

 

それほど、腕を使ったダウンスイングは、難しいものなのです。

 

このような、デメリットが隠された理論は、まだまだあります。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編

 

 
なぜ、アマチュア選手は、ドライバーショットを、アッパーブローで打たない方が良いのか…?

 

「ドライバーショットは、アッパーブローで打て!」

 

これも、よく耳にする理論ですが、多くの方が知らないデメリットが隠されています。

 

それは、アッパーブローで打とうとすると、上半身が右側に残りやすくなること。

 

ダウンスイング時に、上半身が右側に残ったまま打つと、ヘッドの軌道はアッパーブローになりますが、腕の力だけで打つことになります。

 

 

結果的に、ボールに100%の力を伝えることができず、飛距離が伸びません。


他にも、アッパーブローで打つクセがついてしまうことで、ドライバーだけでなく、アイアンショットなどでも、アッパー気味にスイングする悪いクセがつく問題もあります。

 

 

実は、これがアイアンショットで、ミスショットを生む大きな原因にもなっています。


このように、既存のゴルフ理論には、多くの方が気づいていないデメリットが多く隠されているのですが…


 
このような問題を解決し、誰でも自分の力をしっかりとボールに伝えられるのが、「吉本理論」のドライバーショットです…

 

「吉本理論」とは、ゴルフの才能もなく、体格にも恵まれなかった吉本巧が、何とか上達する方法はないか、と試行錯誤を続け、作り上げた理論です。

 

 

元々、才能があり、ゴルフの上手かったプロが教える理論とは、
 対極にあると言えるでしょう。

 

しかし、すでに20,000人以上が、吉本理論で飛距離を伸ばし、
スコアアップを実現しています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編

 

 

つまり、吉本理論は、多くの方ですでに「効果実証済み」のゴルフ理論なのです。

 

あなたも、吉本理論を体得することで、

 

ドライバーの飛距離が伸びる


ドライバーの方向性が安定する


ドライバーの芯で、ボールをとらえることができるようになる
打感が良くなる


スライス系のボールから、ドロー系のボールが打てるようになる
スイングがスムーズになる

 

など、ドライバーの悩みをすっきり解決できることをお約束します。

 

吉本理論におけるドライバーショットのポイントは、いくつかありますが、 大事なポイントを絞ると「4つ」になります。

 

それは、

 

1.一軸理論


2.2モーションバックスイング打法


3.ダウンスイング始動時の左肩打法


4.インパクトは、レベルブローで迎える

 

以上の「4つ」です。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ゴルフ 吉本巧の 『吉本理論』 -ドライバー編