読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~ 口コミ 実践

スポーツ

f:id:hanamizuki99999:20161112205018j:plain

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~

 

 

 

地面を蹴らない

 

左足を送る


顎を引かない

などなど

 

自分より大きい、運動神経がいい人などは、上を見るとキリがありません。


しかし、安心してください。


他のスポーツと比べて剣道は、生まれ持った才能や能力がなくても、筋力に頼らない動きを身に付けることで上達するのです。

日々の練習の中で、誰でも伸び悩むときがあります。


伸び悩み自体は自然なことですが問題はどうやって、そこから
抜け出して更に上達するかです。


練習法を変える


練習量を増やす


指導者を変える

などでも伸び悩みから抜けられる可能性はありますが、
それでも難しい場合はどうでしょうか?

 

提案として、新しい考え方を取り入れるという選択を
 してみてはどうでしょうか?

 

今までと同じことをしていては同じ結果しかでません。


今までと違うこと、人とは違うことを取り入れることをオススメします。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~

 

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161112205242j:plain

 

今回、提案する新しい考え方、常歩剣道についてですが・・・

 

常歩(なみあし)とは?

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161112205401j:plain

 

常歩は、小田伸午氏(関西大学人間健康学部)・小山田良治氏(五体治療院代表)・木寺英史氏(九州共立大学スポーツ学部)の3名が知り合うことによって生まれました。

 

 

全く分野が異なる3人でしたが、共通する課題を持っていました。

 

それは「右と左」です。

 

小田氏の当時の研究課題は「身体運動における右と左」で著書のタイトルにもなっています。

 

小山田氏は豊富な治療経験から「身体の左右はあらゆる面で非対称である」と確信されていたようです。

 

木寺氏は剣道の技術・動作研究から「右と左」の特性があることを感じていました。

 

身体に左右特性があるとすれば、その左右特性を生かした動作法があるはずです。

 

その特性を探ることから動作法を構築していきました。

 

その動作法は、小山田氏が開院している「五体治療院」(愛知県小牧市)に通う選手らによって実証されていきました。

 

実践と研究の結果、これまで常識と考えられてきた動作に多くの錯覚や誤解が含まれていることが明らかになってきました。

 

そこで、スポーツや武道(武術)の動作をさらに考察し、合理的な動作方法を提唱することになりました。

 

これらの常歩とそのトレーニング方法は、オリンピックメダリストをはじめ多くのトップ選手に伝授されてきました。

 

また、医師や看護師、理学療法士、整体師などの医療関係者にも
大きな影響を与えてきました。

 

トップアスリートだけでなく、一般の方々の日常生活や高齢者や障がい者の歩行法としても注目されています。

 

その常歩を剣道に取り入れた剣道が常歩剣道なのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~

 

 

筋力に頼らない驚異の動き

 

常歩(なみあし)とは馬の歩様の一種で、人間にとっても無理がなく、理想の体の使い方だといわれています。

 

象徴的な考え方として、「内力」に頼らず「外力」をうまく使うという点があります。

 

「内力」とは人が出す力のことで、主に筋力のことを指します。


対して「外力」とは重力や地面からの反力のことを指し、これらの力を上手に使うコツが、常歩の動きには隠されているのです。

 

そんな常歩を剣道に生かしたのが『常歩剣道』。

 

地面を蹴らない、左足を送る、顎を引かないなど、これまで常識だとされてきた打突の基礎とは一味違った理論となっています。

 

動きやすさや体への負担の軽減など、人間にとってより合理的な動きです。

 

子どもから高段者まで取り組める、体にとって「自然な動き」なのです。

 

常歩剣道を習得するプログラムとは?

 

常歩剣道を習得するために様々なコツとトレーニングがあります。  
 
常歩剣道で強くなる為に、真っ先に普段習慣付ける歩き方とは?


稽古の時だけの歩き方ではありません。

 

普段の生活で身に付けることが剣道上達に必要だと考えています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~

 

 

馬の歩様の一種と言われる「常歩(なみあし)」が、剣道上達を加速させる仕組みとは?


常歩(なみあし)とは馬の歩様の一種ですが、竹刀を使って稽古する時、合理的な歩き方、なるべく力を使わない体さばきについて是非学んでいただければと思います。

 

 

地面からの反力といった外力を上手く使うことで上達を加速させてくれるでしょう。 
 
 
剣道上級者を目指す、常歩剣道での足さばきのポイントとは?


剣道では左右の足を平行に踏む、ということに問題があるとされますが、その理由を詳しく解説しましょう。 

 

相手の技に対する対応も遅くなり、上達を妨げる、動きにくい踏み方です。ではどうしたら? 

 

左右の足を少々〇〇(外旋)させる方法を解説しましょう。   

常歩剣道習得で、前方への効果的な推進力を生み出す打突とは?


常歩剣道の優れた点を有効に体感してもらえます。

 

重心を前に移して足を上げることによって、効果的な打突に活きる「前に移動する」力を効果的に発生させます。   
 
剣道で上達に必須、様々な技を出すために必要な柔軟な構えとは?


強い剣士になる為にお勧めの方法です。外旋立ち、股関節の位置を正確にわかっていない方が案外多いことに驚きます。

 

股関節というのは、おしりのところにはまっている関節ですが、どのように剣道での歩き方で意識するか?

 

非常に重要なので詳しくDVDで解説しました。

  
切れのある面で一本を取る為に効果抜群、常歩剣道の面打ちのポイントとは?


右足を抜き、左足を蹴らないで打つことに習熟すると、左足への重心を載せるテクニックが身についてきます。


難しい左足の抜き方まで解説しながら、常歩剣道での面打ちのコツをお伝えしましょう。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

常歩(なみあし)剣道~非常識な剣道上達法・外力を利用した合理的な動き~