読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組 口コミ レビュー

スポーツ

f:id:hanamizuki99999:20161112140246j:plain

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組

 

 

良い波なのか悪い波なのか、左右どっちに崩れていく波なのか、どこから乗ったらいいのか・・・?

 

など、波が分からなくて、思うように乗れない。

 

ドルフィンスルーをしようとしても、うまくボードを沈められず、押し戻されてしまって


沖に出るのが難しく、なかなかうまくできなくて「もうボディボード、ムリかも・・・」なんて思ってしまっている。

 

あるいは、スピンをキレイに決めたいけど、半分しか回れない・・・。

 

レギュラーの波はスピンできるようになったけど、グーフィーになるとダメ・・・とか。

 

他にも、大きな波なら波の力で乗れるけれど、比較的小さな波だとなかなか波に乗れず、テイクオフのコツがなかなかつかめない。加速するぞ!

 

と思ってスピードを上げようとしても減速してしまって思うようにライディングできない。

 

スープの波で練習した時は、そのまま波に乗っていけるときがあるものの、フェイスでスピンをかけようとすると置いていかれるか、体がボードから落ちて失敗してしまう。

 

また、エルロロを決められるようになりたいんだけど、なかなかうまくいかない。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組

 

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161112140512j:plainf:id:hanamizuki99999:20161112140531j:plain

 

あるいはこんな勘違いをしていませんか?

 

「胸を張ってボードに乗るといい」と聞いて、ライディングのときに胸を張ってしまっている。

 

スピンをするときにはボードをフラットにすると思っている。


あるいは、滑り止めをボードの真ん中につけて体が滑らないようにしている、など。

 

ただ、これらの勘違いは、速く上達する人とそうでない人の違いを才能だとか単純に海に


出る回数が多いから、と思ってしまっている勘違いに比べたら、大したことではありません。

 

なかなかうまくいかなくてイヤになりそうだけれど、何とか現状を打破して気持ちよくボディボードに乗りたい!

 

とあなたが思うのなら、うまい人、上達の速い人が何をしているのか?

 

を是非知ってください。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組

 

 

 

当然練習は必要ですから、次の3つがポイントだということです。


1. 波をよく観察していて波のことが分かっている

 

2. 技のイメージをしっかり持っている

 

3. 良い波を見極めてイメージ通りになるように練習している

 

波が分かれば、練習の質は上がるし、練習の数もこなせる

 

あなたもご存じのとおり、ボディボードは波を使ったスポーツ。

 

スノーボードやスキーのように滑っていても雪面がそう大きくは変わらないスポーツとは違って、ボディボードの場合、波のコンディションが絶えず大きく変化しています。

 

 

良い波が来ていると思ったら、急に来なくなってしまったり、小さい波しか来ない日があったり、逆にうねりが強すぎて練習しにくい日があったり、などなど、日によってバラツキがとても大きいのが普通です。

 

 

なので、良い波か悪い波かの見極めがつかないと、せっかくのチャンスをふいにしてしまったり、
 悪い波をつかんでしまったりと、練習したくても練習できないこともよくあります。

 

 

波のことがよく分かっていると、良い波、悪い波の判断はもちろん、レギュラーの波なのか、グーフィーの波なのかも早く判断できますから、それだけ余裕を持つことができます。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組

 

 

さらに、どのタイミングで乗ったらいいかも分かりますから、タイミング良くテイクオフできます。

 

また、やろうとしている技によっても波を選ぶ必要があります。
スピンにはスピンに適した波が、エルロロにはエルロロに適した波がありますので。

 

やりにくい波で無理矢理練習していても体力を奪われるだけです。

 

無理に練習していると、肝心の良い波が来たときには疲れてしまってうまく練習できなかった・・・


 なんてことにもなりかねません。

 

なので、どれだけ波が分かっているか?が練習の量にも質にも影響するということです。

 

濃い練習をたくさんしていれば、それだけうまくなるのは当たり前ですから、差が出るということですね。

 

そもそも、ボディボードは海でやるスポーツですから、波のことをどれだけ分かっているかが、


うまい人とそうでない人の違いになるというのは直感的にも分かると思います。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】DVD2枚組