読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ボウリング| 東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座 実践

スポーツ

f:id:hanamizuki99999:20161105174836j:plain

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

 

 

なぜ、このような高速回転ボール、いわゆるローダウンについてのウェブサイトを立ち上げたのでしょうか。

 

その理由は、ローダウンに興味があるボウラーが多いのにも関わらず、ローダウンを教える場所や人が限られているからです。

 

現在、PBAの影響もあり、ローダウンや高速回転ボールに興味があるボウラーが増えている一方で、ローダウンを詳しく教える人や教材がほとんどないため、あなたがローダウンに興味があっても、どのように学べばよいかわからないと思います。

 

 

そこで、今回、このようなサイトを立ち上げ、高速回転ボールを投げたいと思っているあなたにその投げ方を体系立てて教えたいと考えたのです。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

 

 


ローダウンを指導できる人物は誰か?


では、誰が最もわかりやすく、効果的にあなたにローダウン投法を教えられるのでしょうか?

 

確かに、私山本は、高速回転ボールを投げるPBA選手達と交流があり、その投げ方や理論に関しては、日本のプロボウラーの中でもかなり詳しいほうです。

 

 

また、私自身の投げ方の中にも、ローダウンの要素を数多く取り入れたことで、以前よりも、より威力のあるボールを投げられるようになりました。

 

 

しかし、私の投法は、完全なローダウン投法ではないため、私自身が教えても、一部の上級者以外にはわかりにくいだろうと判断しました。

 

 

そこで、今回、私の知る日本全国のプロの中から、ローダウン投法を自由に使いこなし、実際に結果も出しているプロに指導をお願いすることにしました。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

 

 

そのプロとは、JPBAの金子俊之プロです。

 

彼は、2010年度のポイントランキングで第9位となり、2011年のプロトーナメントのシード選手です。

 

彼は、以前から北小金ボウルでローダウン教室を行っており、多くの生徒達がローダウン投法を身につけています。

 

日本には、少なからずローダウン投法、あるいはそれに似た投げ方をするプロは何名かは存在しますが、私が今まで会ってきた中で、金子プロは、断トツで教え方がうまく、ローダウン投法を何となくの感覚的な説明ではなく、わかりやすく、理論的に指導してくれます。

 

 

私は、ローダウン投法を教えるなら、日本では金子プロしかいない、とまで思っています。

 

そんな彼に、今回、彼が主催するローダウン教室以外のボウラーにも、その方法を教えてくれないかとお願いしたところ、「多くの人にボウリングの楽しさを伝えられるなら」 と、快く指導を引き受けてくれました。

 

 

そのおかげで、今回、私、山本幸治が監修の元、ローダウン投法の公開が可能になりました。

 

それでは、この辺りで、私から金子プロにバトンタッチして、ローダウン投法について詳しく説明してもらおうと思います。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

 

 

プロボウラー・金子俊之です。

 

ここからは、私、金子俊之が山本プロに変わり、ローダウンについてご説明させていただきます。
 

ローダウンは難しくありません。

 

実際に私が主催するローダウン教室の生徒の中にも、 最初に私が投げて見せると、「金子プロだからできるのでしょう」とおっしゃる方がいます。

 

 

しかし、それは大きな間違いです。

 

実は、ローダウン投法は、正しい方法を知って練習すれば、初心者でもマスターが可能なのです。

 

ただ、山本プロがおっしゃるように、日本では、ローダウンを教える場所や指導者が限られているために、ローダウンに対する誤った考えや方法が広まっており、ローダウンに興味があってもなかなか取り組もうとしない、あるいは、取り組んでもなかなか上達しないボウラーが多いのです。

 

 

そこで、まずは、今まであなたが抱いているローダウンに対する

誤解を解いていきたいと思います。

 


誤解1ローダウンには腕力が必要


最も大きな誤解の一つは、「ローダウンには腕力が必要」あるいは、「腕力を使って高速回転をかけている」と思っているボウラーが多いことです。

 

 

これは、全くの誤解であり、実は、ローダウン投法のほうが、従来の投法よりも腕力や握力を使わずに投げることができるのです。

 

私自身、昔よりも腕力は落ちていますが、それでもローダウンを投げられています。

 

そもそも、腕力を使って投げてしまうと、投球の再現性がなくなり、コンスタントにスコアを上げることができません。

 

腕力、握力を使わずに、自然な流れで投げることが、ローダウンに限らず、ボウリングでは大切になります。

 


誤解2子供や中高年には向かない


もう一つ、先程の腕力ともつながりますが、ローダウンは体格の良い若者にしか向かず、 小さな子供や中高年には向かないと思っているボウラーがいます。

 

しかし、それも間違いです。

 

先程の言ったように、ローダウンは正しい方法さえ身につければ、力をほとんど使わずに、自然な流れで投げることが可能になります。実際に、私が主催するローダウン教室では、小学生や50から60代の中高年の方でもローダウンを投げています。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

 

 

むしろ、ローダウンのほうが、人の動きに対して、理にかなった投球のため、正しく投げれば、力は必要なく、怪我もしにくくなるでしょう。

 


誤解3習得までに膨大な時間が必要


もう一つ、なかなかローダウンに取り組めないボウラーの考えに、ローダウンに変えても習得までに膨大な時間がかかるのではないかという誤解があります。

 

 

確かに、独学で学ぶと習得までに膨大な時間がかかることは間違いありません。

 

しかし、今回、私が教える方法を理解、実践すれば、独学よりも短時間でローダウンを習得することが可能です。

 

もちろん、私の方法を知ったとしても、ある程度の期間は練習が必要ですが、独学と比べれば、驚くほど短期間で上達することが可能です。

 

例えば、私のローダウン教室に通う小学生は、1度の練習だけでボールが曲がり過ぎるほど回転がかかるようになりました。

 

正しい方法を実践すれば、膨大な時間をかけなくても、ローダウンを習得することは十分可能なのです。

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座