読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

薬も止められる 自宅喘息療法 口コミ 評判

病気

f:id:hanamizuki99999:20161031095629j:plain

薬も止められる 自宅喘息療法

 

 

「長期間、薬を使い続けても、なかなか喘息の改善しないから、もう無理なのでは・・・」


 「いつ喘息の発作が起きるかわからないので薬を持っていないと不安・・・」

 

また、喘息の発作を起こさないようにする薬を使っていたとしても、いつ発作が起こるかもしれないという恐怖があり、薬を使う治療ではなかなか喘息が改善しないという声もよく耳にします。

 

 

このように一般的には喘息を改善させるためには、薬を使い続けなければならない・・・と思っているのです。

 

f:id:hanamizuki99999:20161031100019j:plain

f:id:hanamizuki99999:20161031100100j:plain

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬も止められる 自宅喘息療法

 

 

西洋医学と東洋医学では得意とする疾患の分野が違うのです。


西洋医学では細菌に関係のない疾患は実は苦手なのです。


 西洋医学では、肝臓が悪ければ肝臓だけを治療し、現代の生活習慣病に対する予防法がないと言われています。

 

そのため、東洋医学では喘息を高確率で改善出来るのに対して、
 西洋医学では減感作療法を用いても、なかなか改善させられないのです。


これは西洋医学の考え方が悪いと言っているわけではなく、守備範囲が違うということなのです。

 

通常、喘息を治療するためには、発作を起こさないための薬と、発作が起きたときの、発作を抑える薬が必要です。

 

しかし、薬は喘息そのものを治療して完治させるものではなく、一時的な対処療法にしか過ぎません。


しかも薬には必ず副作用というものがあり、副作用のない薬はありません。

 

しかし、この方法は薬を使わないため、副作用を一切起こさずに喘息を改善することが出来るのです

 

そして、この方法の素晴らしいところはまだあります。

病院に行って治療をするよりも、自宅にいながら自分の空いている時間を使って喘息の治療が出来てしまうのです。

 

「一般的な薬を使った喘息治療の効果ってどれくらいなの?」と思われるかも知れませんので、一般的な喘息治療方法について少しご説明させて頂きます。

 

まず、喘息とは、ゼーゼーと笛が鳴るような呼吸音がしたり、激しく咳込み、呼吸が苦しくなったりする、呼吸困難疾患です。

 

そして喘息の怖いところは、
 呼吸困難によって、死に到る可能性のある疾病なのだということです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬も止められる 自宅喘息療法

 

 

喘息の薬は喘息そのものを治療して完治させようとするものではなく、一時的な対処療法にしか過ぎません。


しかも薬には必ず副作用というものがあり、副作用のない薬はないのです。

 

喘息の薬の副作用についてですが、よく「ステロイド」の副作用は怖いといいます。


喘息の発作が起きた時に使われる吸入ステロイド薬は、低~中用量の通常使用であれば問題はないとされています。

 

喘息の死に関しては、薬を正しく使用しなかった場合の死亡も含まれていると思いますが、


喘息治療については、西洋医学では限界があるのではないかと考えています。

 

その理由は、喘息を治療するためには、喉の炎症を抑えることも大切ですが、それよりも、本来の原因である、アレルギー体質を改善することの方が重要なのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬も止められる 自宅喘息療法

 

 

長期的な治療や入院による高額な医療費で悩んでいる方も多いのです。

 

「喘息を改善させたいけれど、毎日副作用を気にしながら、薬を使って根気強く治療するには抵抗がある」


 「喘息を改善させたいけれど、いつ起こるかわからない発作に脅えながら長期間医療費を掛けることは辛い」


 「喘息の薬を使っていた知人が発作で亡くなってしまったので、自分も不安だ」

 

あなたもこんな気持ちになったことはありませんか?

 

薬を使った喘息治療は、今では手軽に行われているので、安全だと思うかも知れませんが、本当に安全だと言い切る事は出来ません。

 

 実際に、喘息治療の副作用で悩まされている方は大勢いるのです。

 

本来、喘息を改善させるには、正しい知識さえ持っていれば、
どんなに重症な喘息でも改善の可能性は高いのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬も止められる 自宅喘息療法