読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。 効果

病気

f:id:hanamizuki99999:20161029090659j:plain

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。

 

 

◆【毎週、青山で無料実技体験開催中!】


◆週に1回の実技セミナー参加で糖尿病が治った事例

   HbA1cが正常値になった!


◆ご自宅で行いたい方にはマニュアルもご用意しております。

 
 

(質問1)薬や散歩で糖尿病は改善していますか? 
  

(質問2)食事療法だけで体力も回復していますか?
  
 ⇒短時間で簡単に全身の機能を回復する運動があります。

 

細胞学を応用して独自の動きで細胞を活性化!!

 

誰でもできる簡単な運動ですが、その動きは細胞学的に考えられており、無意識のうちに体の600種類以上ある筋肉に刺激を与えます。

 


そうすると運動しても低血糖になりにくい体になるのです。

 

それが「2型糖尿病運動 By 細胞活性ストレッチ理論」なのです

 

f:id:hanamizuki99999:20161029091311j:plain

東京大学 跡見順子名誉教授 】

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。

 

 

【医療広告ガイドライン


当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

 

医師の診察を受けた上で適度な運動を勧められている場合にのみ、2型糖尿病運動をご利用ください。


我々は訪れた方に誤解を与えるような「誇大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに乗っ取り、真実を記述するように配慮しております。
 
【現状の2型糖尿病治療の問題点の確認】


あなたがしっかりとしたお医者様の診察を受けているのであれば、薬で血糖値をおさえながら、食事制限と規則正しい運動をするように、いわれたと思います。

 

しかし、それぞれの対策の意味を、もう一度、確認して行きましょう。

 

 

(2型糖尿病:薬物療法
 血糖値を下げるための対処療法です。⇒薬で糖尿病は治りません!

 

(2型糖尿病:食事療法)
 食事療法は体重を落としますが筋肉も落とします。⇒体力は回復しません!

 

(2型糖尿病:運動療法
 体の機能を取り戻すために体に負担をかけない適度な運動が必須です。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。

 


問題はこの2型糖尿病運動療法の仕方なのです。

 

実はお医者様は体の動かし方は専門外なのです。

 

医師も知らない細胞学を応用して短時間の簡単な運動で体を変える方法が「2型糖尿病運動」なのです。


あなたは毎日、運動ができていますか?

 

適切な運動を生活の中で毎日行うことは、かんたんそうでムズカシイのです。

 

毎日ちゃんと運動できている人は、かなり少ないと思います。

 

ほとんどの人が、できていないと思います。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。

 

 

あなたの糖尿病がなかなか改善しないのはこのことが原因ではありませんか?

 

でも、実はあなたが悪いわけではありません。

 

現実的な日々の生活では、

 

・せっかく、運動しようと思ったが、雨で散歩もできない。

 

・仕事が終わって変えると深夜になり時間がない。

 

・何となく動く気がしない。

 

などということが、よくあると思います。

 

お医者様に「毎日、散歩をしてください。」とアドバイスされたと思います。


しかし、あなたは毎日散歩ができていますか?

 

何とか散歩の時間を捻出していたとしても、症状は改善していますか?

 

つまり、散歩が一番効果的な運動かと考えると、、、?

 

散歩はケガをしないという意味では万人向けで良いのですが、じつは足を中心とした一部の筋肉しか使わないため、時間の割に上半身への効果は少ないのです。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。

 

 

2型糖尿病運動が効果的なワケ!


2型糖尿病の問題は、生活習慣により体が正しくうごかないことです。

 

ですから、体が正しくうごくようにするのが正しい治療の方法です。

 

「2型糖尿病運動」は最新の細胞学の研究結果を応用して、約3分間でムリなく全身の筋肉に刺激をあたえることができます。

 

眠っていた細胞を目覚めさせ、筋肉の機能回復をおこさせるのです。


通常の運動では運動後の低血糖などのリスクがありますが、2型糖尿病運動では激しく動かないため、そのリスクがありません。

 


筋肉が元気になると血流やリンパの流れが改善し、内臓機能、脳なども機能を回復します。


このことは東大の研究でもすでに明らかになっています。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

■1日3分の2型糖尿病運動■散歩よりはるかに短時間&楽ちんなのに効果的。東大名誉教授推薦の最新運動理論を応用。