読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」 レビュー

f:id:hanamizuki99999:20161025122236j:plain

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」

 

 

「正しくドライバーの飛距離をアップさせる方法を説明してくれています」


アマチュア選手の中には正しくドライバーの飛距離をアップさせる方法を理解しておらず、間違って解釈している方が結構いるのでは?と思います。


ドライバーの飛距離をアップさせる正しい方法を理解していれば理想的なスイングもイメージしやすくなります。


また、スイングの体得、修正も早くなります。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」

 


現在、世の中には様々なゴルフ理論が氾濫しています。

 

「飛距離アップには体重移動をする」「腰を切る」「右足を蹴る」など断片的な理論が沢山メディアに紹介されアマチュア選手の皆様に誤解を与えてしまっています。

 

「本当は何が正しいのか」と悩んでいるアマチュア選手も多くいらっしゃいます。

 

正しい理論で練習することが上達の近道です。この教本があなたを上達に導いてくれるはずです。


一人でも多くの悩んでいるアマチュア選手の皆様にこの教本を読んでもらいたいと思います。
 

続きを読む

↓ ↓ ↓

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」

 

 

ポイントは次の4つになります。

 

●頭を右上に動かさない。そのために右膝を固定し、右肩を後ろに引くイメージでしっかりとまわす。

●右腕から打ちにいかない。そのためにトップで間を作り、右胸から始動する。

インパクトまでお辞儀の姿勢を維持する。

●フィニッシュでは右肩を左足の上に持っていく。

 

どうでしょうか?

 

すごくシンプルだと思いませんか。

 

このように非常にシンプルでありながら、それらのポイントが互いに関連していてスイングが劇的に改善できるというのが吉本理論の最大の魅力だと思います。

 

ドローボールが打てるシンプルで合理的なスイングで飛距離を出せます。

 

吉本理論のソフトドロー打法を基礎としてスイングを作れば、ドローボールが打てるシンプルで合理的なスイングになります。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」

 

 

ドローボールで飛距離を伸ばす第一歩とは?


ドローボールを打ち飛距離をアップさせる第一歩は、ソフトドロー打法の基礎を正しく理解することです。

 

はじめに基礎を理解しておけばその後練習やラウンドを重ねていくごとにスイングが、ドローが打てるスイングになっていきます。

 

ソフトドロー打法には非常に多くのポイントがありますが、それらの中から厳選して、本当に必要な基礎のみをご紹介します。


基礎を習得すれば合理的なスイングになります。

 

変則的な我流スイングのままではいつまでたってもドライバーの飛距離はアップしません。

 

アウトサイドイン軌道のスイングのままではいつまでたってもドローボールは打てません。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

吉本巧監修 吉本理論 ソフトドロー打法の基礎「スライス球を改善し限りなくストレートに近いドローボールで飛距離を伸ばす方法」