読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

スポーツ

f:id:hanamizuki99999:20161022172755j:plain

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~ 【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

 

 

アーチェリーの悩み

●スコアがアップしない

●良いスコアにつながる正しいフォームがわからない

●押し手の肩がつまってしまう

クリッカーのタイミングを合わせるのが苦手

●左右のバランスが崩れてしまう
 
これらの悩みを解決する方法を説明していきます。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161022173029j:plain

 

世の多くのアーチェリー愛好家たちが、はじめて弓を握り、アーチェリ―というスポーツへの扉をたたくとき、最初に受ける指導の多くが間違っていることがその後のアーチェリーの悩みの多くを生み出してしまう最大の原因です。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

 

 

▼はじめてのコーチや先生から、本当に良いアーチェリーのフォームを見せてもらえない・・・

▼適切で解り易い指導を受けることが出来ない・・・

▼間違った指導を受けている・・・



これがアーチェリーの上達に悩む選手、愛好家の悩みの原因で

す。

 

もちろん上手くなる正しい指導法で教えているアーチェリー指導者もいますが、マイナースポーツがゆえに非常に少ないのが事実です。

 

間違った指導の結果、『悪い癖」が体に染みついてしまい、上達できずにアーチェリーをやめてしまったり、本当は力があっても、伸び悩む・・・

 

本当に残念ですが、そんな学生や一般アーチャーを数多く見てきました。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

 

 

とりわけ、重要なアーチェリーのフォームについては問題があります。

 

アーチェリーには、構えている時の形、「静的射型」と体の動きを意味する「動的射型」があります。

 

止まっているとき、静止しているときは素晴らしいフォームなのに、射の流れで動きになると、すなわち動的射型が乱れ良い射できない結果となります。

 

それら両方がともに重要であることをしっかり理解し実践できるアーチェリー選手、指導できるコーチが少ないです。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】

 

 

さらに、アーチェリーに必要な筋肉だけでなく「骨」を上手く使って射の練習をするということを正しく実践出来ていません
 スタミナ不足で力負けしてしまう原因にもなるのです。

 

そして、今回のアーチェリープログラムでは詳しく説明しましたが、 一般には知られていない重要なテーマ「弦サイト」を知らないこと、あるいは知ってはいても上達のために、正しい理解をしているアーチャーが極めて少ないことも原因です。

 

上達に悩むアーチェーがこれほど多い原因は、まさにそこにあります。

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】