読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~ 口コミ 評判

病気

f:id:hanamizuki99999:20161022164515j:plain

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

もし、あなたが、今から私たちがお伝えする食事法を本気で実践してくださるのであれば、あなたの人生は間違いなく良い方向へ向かい始めることになるでしょう。

 

これは、後ほどご紹介するたくさんの先人たちが、既に身を持って証明してくれていることです。


どうか希望を持って欲しいと思います。

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161022164846j:plain

 

まずは、「癌(がん)」という病気を正しく理解するために、この病気の“真実”についてお話していきます。


恐らく、あなたが今までに常識と思っていた事の多くが覆ることになるでしょう。


それを知って辛く苦しい気持ちになるかもしれません。

 

でも、“真実”を知ってください。

 

詳しく知る

↓ ↓ ↓

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

がんの三大療法とは、ご存知の通り「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」の3つのがん治療法のことで、一般的にがん治療はこの3つの治療法のいずれか、または組み合わせで行われます。

 

がんの種類や進行度によって、また患者さんの状況や希望によって、どの治療法が用いられるかはケースバイケースですが、問題は果たして本当にこれらの治療法でがんが治るのかどうかということです。

 

確かに三大療法の中にも、一部のがんに対しては効果のある治療法もあります。

 

しかし、三大療法には、その他にも以下のような問題点があります。

 

f:id:hanamizuki99999:20161022165152j:plain

 

三大療法は、がん治療の基本として、あたりまえのように提案され、疑いもなく行われる治療法ですが、医師に言われるがまま安易に治療法を決めるのではなく、今一度自分自身でよく考える必要のある治療法です。
 

詳しく知る

↓ ↓ ↓

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161022165847j:plain

突然ですが、『PET検査』という検査方法をご存知でしょうか?

 

PET検査は、“がん細胞が正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込む”という性質を利用しています。


ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射して、しばらくしてから全身をPETで撮影します。

 

するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところが分かり、がんを発見する手がかりになるという仕組みです。

 

ここで大切なのは、“がん細胞が正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込む”という性質です。

 

どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。


正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。


ところが、がん細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。


そして、異常なスピードでどんどん成長していくがん細胞は、正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。

 

詳しく知る

↓ ↓ ↓

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

ということは、つまり、がんのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てば、がんの成長は止まり、がん細胞は死滅するのではないか?

 

 実は、全くその通りなのです。

 

 がんは糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。

 

その糖(ブドウ糖)の供給を止めてしまえば、がんを殺すことができるのです。

 

 仮に、糖(ブドウ糖)の供給を完全にストップさせてしまったとしても、先程お話した通り、正常細胞は脂肪をエネルギー源にして生きていくことができます。


ところが、がん細胞はそうはいきません。糖(ブドウ糖)のなくなった、がん細胞はたちまち死滅してしまいます。

 

理論上がんを消すことは決して難しいことではないのです。

 

この食事法を“糖”を“断つ”食事、すなわち『断糖食』と呼んでいます。


がん細胞のエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断ち、がんを兵糧攻めにする『断糖食』こそが、がんに最も有効な食事法なのです。

 

詳しく知る

↓ ↓ ↓

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

18世紀に西洋で農業革命が起こり、それから一気に穀物(炭水化物)を食べる文化が世界中に広がりました。
それと同時に、がんや糖尿病や脳卒中心筋梗塞などの生活習慣病が一気に広がりました。

「炭水化物=“糖”の摂取」、これが大きな原因です。

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161022171504j:plain

 

今までにお話してきました通り、がんのエネルギー源である“糖”を断ち、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”をしっかり摂取して免疫力を上げる食事法、これを私たちは、【荒木式】断糖食と呼んでいます。

 

【荒木式】断糖食では、病気の根源となっている“糖”の摂取を断ち、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”などの栄養素をしっかり摂取します。人間が本来していた、人間の体に適した食事をすることが、この食事法の目的です。

 

【荒木式】断糖食でしっかりと“糖”を断ってガンを兵糧攻めにすれば、ガン細胞はどんどん死滅して、がんが小さくなったり消えてしまったりする可能性は十分にあります。

 

詳しく知る

↓ ↓ ↓

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~