読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム 日本セラピー株式会社

f:id:hanamizuki99999:20161022101617j:plain

自律神経失調症パニック障害改善プログラム

 

 

病院の治療や 薬では、根本的な回復にはならないとお考え下さる あなたへ…

 

●ズキズキと頭痛がして、吐き気や めまいに耐え切れず 職場に遅刻することも…

●寝ようとしても 目が冴えて、なかなか寝付けない、逆に 寝過ぎることも…

●翌朝は カラダが鉛のように重く、起き上がれない、寝ても疲れが取れない…

●些細なことでも落ち込み易く、そこからなかなか抜け出せない…

●食欲もなく 仕事にも行きたくなくなり、憂うつな気持ちになる…

●激しい落ち込みが続き、日常生活(歯磨き・ひげ剃り・入浴など)の事ができない…

●全身がだるい、何をするにも億劫で 集中力・思考力・判断力が低下…

●その為、周りからは「怠けている」「寝てばかり」と思われ、家族や 周囲の理解を得ることが難しい…


…などなど。症状の程度に差はあるかもしれませんが、心身の不調で悩んでおられる方ならば、誰でも 経験があるのではないでしょうか?

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161022102113j:plain

 

いくら 病院に通っても、薬を飲んでも改善しない、あるいは 再発を繰り返すとしても、実際に 今の症状から解放され、明るく 前向きな人生を送っている方達はいるのです!


お陰様で、今まで1万人以上の 自律神経失調症パニック障害の方たちを改善してきました。その内、95%の方が30日以内に改善しています。

 

1日30分。映像を眺めながらマネするだけの、とても簡単な方法ですから、「このまま一生 薬を飲み続けなければ…、定期的に 治療を続けるしかないのか…」と、絶対に 諦めないで下さい!


今まで 病院に通って検査を受けても 原因が分からず、薬物療法心理療法を受けても、一向に 改善しなかったのですから、それも無理はありません。

 

そのお気持ちの裏には、「この辛い症状を何とか治したい。でも、きっとダメだ…」

 

という、希望と 諦めの感情が入り混じった、複雑な気持ちの表れだと 私は思います。

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

 

そして、自律神経失調症パニック障害になる誘因は、次の7つに絞られたのです… 


●精神的なストレスからくるもの

●パソコンや日常の姿勢からくるもの

●ムチウチなど外傷からくるもの

●顎関節のユガミからくるもの

●喘息や鼻炎からくるもの

●呼吸からくるもの

●眼精疲労からくるもの
 
 
 ええ、そうです。

 

これらの誘因により、自律神経失調症パニック障害を起こすことが解ったのです。

 

とは言え、これらは あくまでも誘因であり、根本原因ではありません。

 

その ”根本原因” を改善していないが故に、薬を飲んでも カウンセリングを受けても、心身の不調を 改善することができずにいるのです。

 

では 一体、自律神経失調症や、パニック障害を改善する上で、何が一番重要なのか?

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

 

自律神経失調症の 本当の原因は、“首” にあります。


ご存知の通り、首には人体の中でも重要な「自律神経」が密集しています。

 

これは、体温や血圧の調節、呼吸、消化、代謝などをコントロールしており、生命を維持しています。

 

この 自律神経には 交換神経と 副交感神経の2つがあります。

 
▼交換神経は 緊張している時、危険を感じた時、興奮した時に働く神経であり、心拍数や 血圧を下げる。呼吸数を増やす。血管を収縮し 瞳孔を開く。胃腸の働きを抑制。

 

▼副交感神経は、リラックスしている時や 寝ている時などに働き、心拍数や血圧を下げ、 呼吸を減らす。血管を拡張、瞳孔を閉じ、胃腸の働きは活発になる。

 

そう、私たちの健康を支えているのは、この交感神経と 副交感神経が、バランスよく働いてくれているからです。

 

しかし、前述しました7つの誘因により 首の筋肉の緊張が起きると、交感神経が刺激されるため、副交感神経の働きが低下し 自律神経のバランスが崩れます。

 

それによって、自律神経失調症になる。と、私は考えます。

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

 

※なお、自律神経失調症パニック障害から、うつ病を併発していく場合も多いのです。

うつ病改善は、以下からどうぞ。

 

f:id:hanamizuki99999:20161022103202j:plain