読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

パーキンソン病ケアプログラム 改善

病気

f:id:hanamizuki99999:20161021131518j:plain

パーキンソン病ケアプログラム

 

 

突然ですが、あなたは以下のどれかに当てはまりませんか?


両手、もしくは片方の手や足がふるえる

発生や発音が上手くできない

全身の動きが鈍くなる

常に前かがみの姿勢になる

以上に当てはまる場合はパーキンソン病の可能性が高いです。


日常の生活さえ苦痛に感じてしまうあなたでも、これからお伝えする方法を実践して頂ければ、症状がこれ以上どんどんと進行する事は防げるでしょう。

 

パーキンソン病といってもさまざまで、重度の方軽度の方、
それに加えて症状もたくさんのケースがあります。

 

 毎日、アドバイスをしたり、ケアする方法を教えているかいもあり、

「手足のふるえが大分おさまってきたように感じます。」

「すり足が大分よくなったよ。」

 

と、今では沢山の患者さんから嬉しいお声をいただいています。

 

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

パーキンソン病ケアプログラム

 

 

パーキンソン病は神経の病気と言われていますが、うつや認知症などの病気も併発する恐れがあるものです。

 

この神経とは脳のドーパミンのことで、これが減る事により起こる病気と言われています。

 

ですので、要するに、このドーパミンの量を増やしてあげさえすれば、パーキンソン病の回復は可能と言う事になるのです。

 

 

研究の末に分かった事は、ドーパミンを効果的に増やしていく事は、出来るんだと言う事です。

 

このドーパミンを増やす事によって、体もスムーズに動くようになり、はっきりとした口調でお話することもできるようになるのです。

 

パーキンソン病患者の人は、ほぼ共通してこのドーパミンが不足しているので、この部分を何とかできさえすれば、病気の進行も防ぐ事が出来るのです。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

パーキンソン病ケアプログラム

 

 

つまり、自宅にいながらパーキンソン病を緩和させる根本治療を
行っていく事ができるのです。

 

これは、何も大げさな話ではありません。

 

そもそもお医者さんはお薬を出して、症状を楽にしていく事を
基本としてるので、どうしても一時的なものになりがちです。

 

あなたの症状を根本から改善していこうとする人は いないのではないでしょうか?

 

これでは、根本的には何もしてないのと同じように思ってしまいます。
 

パーキンソン病になる人はドーパミンが減少して、ふるえや筋肉のこわばり、または幻覚や幻聴などが出てくるわけです。

 

ですので、まずは何はなくともこのドーパミンを増やす事からスタートしていかなければいけません。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

パーキンソン病ケアプログラム

 

 

ある方法を行えば、薬に頼り切ることもなく、効果的にケアしていく事もできるでしょう。

 

この方法を行えば、前かがみの症状もだんだんと和らいでいき、
ご飯もたくさん食べていく事ができるでしょう。

 

 今まで我慢していた運動や趣味も出来るほどに回復するかもしれません。

 

 「それが本当なら凄い事だけど、何だか信じられないな・・・」

 

と、もしかするとあなたは思うかもしれません。

 

 今まで何年も治らなかったから、それは尚更感じる事でしょう。

ですが、ご安心下さい。

 

 今まで、数多くのパーキンソン病の方の症状を研究して、実際に効果のあった方法だけ厳選してあなたに今回お伝えします。

 

この方法は何も難しい事はなく、小学生の方でも難なく出来る方法です。

 

 具体的にやって頂く事は、次の3つのステップになります。

 

f:id:hanamizuki99999:20161021132709j:plain

たったのこれだけです。

 

この大まかな3つの流れを実践して頂くだけで、手足の震えも弱まり体もスッキリとして元気になる事でしょう。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

パーキンソン病ケアプログラム