読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 親御さんへ

f:id:hanamizuki99999:20161020161008j:plain

 

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム

 

 

今よりも、強くなり全国レベルの選手にすることができます。


このプログラムは、小学生バレーボール選手の目線に立ち

+ 何ができないのか

+ どんな悩みの壁にぶつかっているのか

など、成長期のジュニア選手に重点を置き、大人では考えつかないジュニア選手目線の悩みを解消させることができます。

 

怒鳴りつけたり、厳しい練習を課す必要は一切ありません。


他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありまん。


今回のトレーニング法を実践し、試合で主導権を握り、勝てる強さを自分のものにしましょう。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 

 

 

以下の悩みは、指導者や親御さんから良く聞く声です。


●同じチームで練習しているのに、なぜ自分の子供だけ上達しな        いのかわからない

●ジュニア選手が試合でいつも負けている

●ある程度は勝てるが全国レベルには程遠い

●市販の本やDVDを見ても上達しない

●近くに良い指導者がいない

●実績があるコーチはどのように教えているのか知りたい


等々…悩みや疑問は様々なものがあります。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 

 

 

自分の子供が大会で勝ち上がり優勝する姿を思い浮かべると気持ち良いですよね。

 

でも、ジュニアバレーボールの場合、始めた時期や、どのスクールで教わるかで 勝敗を分けてしまう特徴があります。

 

更に、体格や運動神経で差がつくこともあります。


 自分より大きい、運動神経がいい人などは、上を見るとキリがありません。

 

しかし、安心してください。

 

他の競技と比べてバレーボールは、生まれ持った才能や能力がなくても、自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。

 

この潜在能力を引き出すには、その人に合ったトレーニングが必要です。

 

このプログラムは、 成長期の小学生・中学生までの上達に着目し、開発されました。

 

つまり、子供目線で開発された、このプログラムがあれば、
ジュニア選手ならではの悩みを解決できるのです。

 


なぜ、ジュニア選手目線でのトレーニングが、潜在能力を引き上げる有効な方法なのでしょうか?


それは主に3つの理由があります。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161020162019j:plain


バレーボールでは、先にもお話ししたように、他の競技と比べて生まれ持った才能や能力がなくても、自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。


 体格・運動能力だけが勝敗を分けるのではありません。

 

自分の持っている特性を最大限に生かせれば勝つチャンスはいくらでもある競技なのです。

 

体格・運動能力の差を超える技術をジュニア選手のころに覚えることで、今後のバレーボール生活をより充実させ、試合で結果を残せるようになるのです。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161020162205j:plain


ジュニア選手の潜在能力は、成長期に合わせてとてつもなく多く秘めています。


この成長に合わせて、個人の特性を最大限に生かしてあげられるかが、指導者の腕の見せ所でもあります。

 

練習メニューとしては、やはり体の基盤となる軸を作ることが多いです。


 基本練習は華やかな練習ではありませんが、ジュニア選手目線でのトレーニング法によって最速でバレーボールスタイルが変わってきます。

 

この最速のトレーニング法をしっかりとした基盤にすることで、
ジュニア選手の潜在能力がどんどんあふれるように引き出されていくのです。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161020162302j:plain


ジュニア選手のトレーニングで重要なのが、やる気と自信をつけてあげることです。


ジュニア選手目線でのトレーニングは、「どうすれば、サーブが入るのか?」 「どうすれば、もっと強いスパイクが打てるのか?」など、ジュニア選手たちが自分で考え戦略を立てる機会を与えます。


 自分の弱い部分をカバーして次の攻撃に移れるかを考えるのです。


ジュニア選手は、難しい説明をするとすぐに嫌になってしまいます。

 

ジュニア選手目線になって、自分で考えるチカラと知恵を教えてあげることで、思い通りのプレーができたときの達成感を味わい、やる気と自信につながります。


 自信になれば、さらに上を目指そうと頑張りますので、放っておいてもどんどん成長していくでしょう。

 

今ご紹介させていただいたことは、お子さんが手に入れる上達法の一部にすぎません。

 

詳しくは⇒バレーボール・ジュニア選手育成プログラム