読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~ 口コミ レビュー

学習・習い事

f:id:hanamizuki99999:20161010202909j:plain

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

 

あなたは社労士試験の勉強をしていて、こんな悩みを持っていませんか?


社労士試験の“膨大なテキストを覚えられる気がしない”


社労士の学習は “覚えれば覚えるほど似たような項目が多くて混乱してくる”


社労士試験の “勉強して理解も進んでいるはずなのに点数に結びつかない”


社労士試験の “選択式の1問、2問に毎年泣いている”


・・・
   

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

でも大丈夫です。

 

「社労士試験に受かるための勉強法」さえ知っていれば、たとえ初学者のOLの受験生でも短期間に一回で合格している例は決して珍しくないのです。

 

はじめまして、社会保険労務士の坪義生と申します。

 

 早いもので社労士試験の講師をはじめてから19年になります。


まず簡単にプロフィールを紹介させていただきます。

 

f:id:hanamizuki99999:20161010203117j:plain

 

これから、初学者が半年間の独学の勉強で一発合格できる方法について説明していきたいと思います。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

ただし、この方法は現行の社労士試験の“特殊性”に注目し、「合格」だけを目標とした方法です。

   

社労士として活躍するには、合格後の研鑽が不可欠ですので予め理解しておいてください。
  
個人的には、重箱の隅をつつくような現行の試験制度の改革願っている一人ではありますが、すぐには叶わないでしょう。

 

そこで、あなたに少しでも早く社労士になって活躍していただくべく、最短距離で試験を突破できる学習法についてお話したいと思います。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

平日は朝1時間、夜1時間半の勉強で半年後には合格圏内に入れます。


 「平日の朝1時間、夜1時間半の勉強」で半年後には合格可能、と聞いてどう思われますか?

 

“それは無理でしょう!?”というのが正直なところかもしれませんね。

 

 休日はもう少し時間を増やしていただく必要はありますが、社労士試験合格ラインを突破することは可能なのです。

 

しかも、「初学者が独学でも」合格可能な実力をつけることができます。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

一般に多くの講師は社労士試験に“合格するには1000時間前後の勉強が必要”と受験生に伝えることが多いようです。

 

仮に半年で社労士試験に合格しようと思った場合、「1日に5時間半の勉強」をしないと1000時間をクリアできません。

 

もちろん仕事をしながらこの勉強時間を確保するのは不可能しょう。

 

つまり、スクールで普通に指導される社労士試験勉強法では仕事で忙しい社会人には短期合格は不可能ということになりますね。

 

しかし、私たちプロの講師の仕事は、受験生の負荷をギリギリまで減らしながら十分合格できるだけの勉強量のラインを提示することだと思ってます。

 

私が「19年間の指導経験」と「徹底的な試験問題の分析」から確立した半年合格プログラムでは、これほどの勉強時間は必要ありません。

 

 仕事が忙しい平日でも朝1時間、夜1時間半の勉強で社労士試験の合格ラインを突破できるプログラムを組んでいます。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

 

私が提唱している社労士試験学習法は「独学」でも短期合格が可能なことが特長です。

 

でもあなたは“やっぱりスクールに通うのがベストだろう”と思っているかもしれませんね。

 

もちろんスクールに通うメリットはあるので否定をするわけではありませんが、冷静な目で判断してもらうため、私の知る限りの資格スクール業界の現状についてお伝えしたいと思います。


資格試験スクールの一般論とお断りした上で、ここからは業界の改善も願いながら書きます。


例えば、スクールの「テキスト」についてはどういうイメージを持っていますか?

 

長年のノウハウの蓄積、最新の出題傾向分析を元に検討に検討を重ね、最も試験に出る確率の高い内容を厳選している、分かりやすさ・見やすさなどいろいろな意味で市販教材と一味違う・・・と思われるでしょうね。


しかし、それが違うのです。


一般にはほとんど知られていない現実として、例えば、社労士試験に合格していない“ベテラン受験生”と言われるアルバイトの人が、テキストを作ったりしています。

 

これはスクールの規模の大小を問わず珍しい話ではありません。

 

その結果として社労士試験に出ない無駄な勉強を強いられることにもなるので注意しなければなりません。

 

詳しくは

↓ ↓ ↓

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~