読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの情報ネット!

役立つ情報の紹介

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」 口コミ レビュー

f:id:hanamizuki99999:20161005141535j:plain

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

 

 

ヘッドスピードを上げる簡単な方法を知らないで、飛距離アップに悩んでおられる人があまりに多いのです。

 

そして「正しいゴルフを実践すれば、明日からでも飛距離アップが可能」という事実を知ってもらい、あなたに飛距離不足とは関係のない、戦略的なゲームとしてのゴルフを楽しんでもらうためです。

 

関連サイト ↓ ↓ ↓

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

 

「でも、結局、スイング改造とか、筋力トレーニングをしないといけないんでしょ」

 

という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

 

私のところに来られる方も以下のような悩みをかかえています。

 

「飛距離をアップさせたい・・・でもスイングの大幅改造は今更ちょっと・・・」

 

「年齢的なこともあるので筋力トレーニングはしたくない」

 

「ゴルフをすると腰が痛いのでスイング改造は無理」

 

また、ゴルフ雑誌や本で書かれている方法で飛距離をアップ

 

しようとしても、「なかなか効果が現れない」

 

「三日坊主で終わってしまう」

 

といったことも良く耳にします。

 

関連サイト ↓ ↓ ↓

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

 

つまり、一般的に、「ゴルフの飛距離をアップするためには、筋力アップや体幹トレーニングなどの辛い方法を我慢して続けていくしかない」

 

とされてきたのです。

 

しかし私は、体格が劣る人でも飛ばすプロゴルファーはいる。

 

ゴルフで飛ぶ人と飛ばない人の違いは、体の動かし方だけなのではないか!?

 

という課題を掲げ、様々なゴルフ練習に取り組んできました。

 

そしてある日テレビで当時のホームランバッター落合博満選手の番組を見ていて、"あること”を発見したのです。

 

すると、たった数回の素振りで。

 

ヘッドスピード40キロだったのが40キロ代の後半に上がり、飛距離が50ヤード近くも改善されたのです。

 

その人は、ドライバーのみならずアイアンの飛距離も伸び、番手が1つか2つ短いクラブでグリーンに届くようになりました。

 

2打目3打目で短いクラブを持てるようになり、その結果ゴルフのスコアも大幅に改善したのです。

 

もちろん、筋力トレーニングや体幹トレーニングといったつらい運動は一切行っていません。

 

関連サイト ↓ ↓ ↓

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

 

つまり、全く体に負担をかけることなく、飛距離アップに成功したのです。

 

しかも、このゴルフ練習方法は、時間をかけなくても簡単に実践できる飛距離アップ方法です。

 

飛距離を伸ばす考え方が分かるだけで、すぐにでも飛距離を伸ばす事が可能です。

 

そしてこの飛距離アップ術のすごいところはまだまだあります。

 

 

「飛距離は才能」と言われるゴルフの概念を覆す、初心者でもできる飛距離アップ術なのです。

 

 

関連サイト ↓ ↓ ↓

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

 

最近流行ったスタック&チルト、左一軸打法といったスイングは、実は飛距離が出るスイングではありません。

 

アプローチの延長、飛距離を捨てて正確性をとるゴルフスイングなのです。

 

私のところにも、左一軸にスイングを改造して飛距離が落ちたといった方がよく来られます。

 

では、方向性と飛距離を兼ね備えることはできないのでしょか?

 

いいえ、もちろんどちらも兼ね備えることは可能です。

 

 

関連サイト ↓ ↓ ↓

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」